• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

会議室じゃなくて現場

先日、メンズブランドTH_READの撮影のため初めて生地工場に行きました。

11082624_838447182860456_7128348096478058831_n

山形は米沢。雪の積もった山々、自然に囲まれた環境。

11046547_833622780009563_4715007672189509529_n

しんと静まり返った休日の工場でカタン、カタンと音を立てる機械。世界の名だたるブランドの生地を作っているシルク工場だそう。

12241772_946718062033367_3453561631218386527_n

今年に入ってからは、静岡は浜松、愛知県津島市の生地工場へお邪魔させていただきました。ずっと使われている機械。そこで作業する職人さん達も、一朝一夕でははたして生まれることのない魅力のある方々ばかり。実家の愛知県からも近いので、親近感もあり、こんなに近くにあったんだという地元再発見の旅でした。

シャツを作る縫製工場も見せていただいた。

職人さんは40年ものという研ぎに研いで刃先がとんでもなく短くなった包丁で、リズム良く生地をカットしていく。

12227669_946730422032131_1576907513166503298_n

12243522_946730425365464_4190148078851449180_n

ものが作られる現場に行くと、その場所にあるパワーに圧倒されて、一瞬息がとまる。(息をのむというのはこういうことだと思う。)

デザインする側はそれを形にしてくれる人がいてくれてはじめてなりたつわけだから、そういう方々がいなければ全くもって無力だ。

感謝の気持ちを忘れずに、恥ずかしくない、いいものをデザインできるようになりたいと強く思います。

明日は福島の時計工場に伺う予定です。気を引き締めていこう。

Shingo