• JARDIN DE MUGUET

    フラワーデザイナー 2014年Paris Rosebud、エルベシャトランで花修行。 帰国後、フラワーデザイナーとして活動中。 個人の贈り花からレストラン、ウエディング、展示会の装花など。 空間に「はっ」と、ときめく瞬間を花で添えたい。

フルーツ オ・レ

だいすきなフルーツ オ・レ。

あれは一体なんの味なのだろうか。

ほんとにフルーツなのか確かめたら、衝撃的な事実をしってしまいそうで

これに関しては成分を確認しないことにしてます。

これからも「果汁10%未満」の表記すら気付かないでいくつもりです。一生。

IMG_4529

銭湯にいったら、必ずフルーツ オ・レ。

仕事おわりに千代の湯

飲み会が早くおわった時に光明泉

アシスタントをさせて頂いていた時は鶴の湯

資材の買い付けのあとは弁天湯

そして、数少ない早朝からやっている都内の銭湯が燕湯。

IMG_4527

御徒町まで休日の朝っぱらから銭湯。

フルーツ オ・レというか、銭湯好きともいう。

この日は、薬湯の日で「ラベンダー」のお湯でした。

わくわくしていくと、摩周湖の景色の前に

癒しと言うより蜷川実花的なパープル色が溢れていました。

・・・

下町の銭湯はいつも女の、いや、人生の先輩方の交流がたのしい。

みんなだいたい毎日同じ時間にきて、

楽しくおしゃべりして、風呂上がりに

飲むヨーグルトで飲ミニケーションをしている。

そこにフルーツ オ・レで混ぜてもらって、

久しぶりにおばあちゃんの家に行った気分になる。

・・・

おばあちゃん「あら、かよちゃんパックしてるの!?おしゃれねーーどうしたのよ!」

かよおばあちゃん「嫁にいこうと思って、きれいにしてるのよ♪!」

・・・

あれ!?マッサージチェアが動かないんだけどーと、番台さんを呼ぶ。

番台さんが、はいはいーと脱衣所にふつうに入ってくる。

別のおばあちゃんが番台さんに話しかける。

話し込む。

おばあちゃんは「ヴィーナス誕生」の様なタオルの纏い方をしている。

先輩方はこのおじちゃん番台さんを何とおもっておられるのか。

逆もしかりで、おじちゃんもいつまでここにいるのだろうか。

・・・

この懐かしさのあるファミリー感というか

なんというか、銭湯の雰囲気がすきなのです。

IMG_4530

せっかく御徒町にきたので

うさぎやさんでどら焼きをお土産に。

ひとつはその場で。

まだほんのりあたたかいふくふくのあずきに幸せをかんじる。

・・・

マイベスト銭湯さがしは、まだ先が長そうである。