• YOSUKE KERA

    新潟県生まれ。文化服装学院通信教育でファッションデザイン画を習得。2002年、フランス・エスモードパリ校に入学。エスモードパリメンズ科卒業後、元DIOR HOMMEのデザイナー、ニコラ・アンドレア・タラリスに師事。2006年、日本へ帰国。企業でメンズのデザイナーを9年勤め、2014年に東京都が主催する「TOKYO STARTUP GATEWAY」のセミファイナリストに選出される。2015年、 「日本が誇る最高級のテキスタイルを世界へ。」をコンセプトに自身のメンズファッションブランド、TH_READ創設。

京都から山形へ。伝統とモダン。

京都から東京へ戻り、打ち合わせを経て、夜行バスで山形へ。

100年以上続く企業が最も多いのは京都。そして2番目が山形県。生地屋、酒蔵、お菓子屋、染屋など100年以上も継続しているその背景には何かあるのかも。とその何かを探しに。もちろん「災害が少ない」「空襲が少なかった」等いろいろな背景はあるにせよ、伝統と革新を武器に長年にわたり会社を継ぎ続けるとは凄まじいことで。フランスの企業、ルイヴィトンが日本の家紋からデザインイメージを得てあのモノグラムが完成したように、伝統は最大の説得材料武器なんだと思う。

朝6時半に山形に到着して電車で20分。寒河江駅へ。そのまますぐに慈恩寺へ。

13151848_1077812295613623_721738689517229517_n 13177066_1077812318946954_1544658485753044488_n 13174055_1077812278946958_6097681309009136102_n 13151973_1077812338946952_3768773608856846370_n 13179349_1077812375613615_4453477284360801228_n 13096066_1077812392280280_8876176863540909182_n 13095914_1077811982280321_2397146097276687557_n

平安時代後期に建てられた慈恩寺。。。全く金属を使用していない建物。京都の二条城のような「デザイン」させた雰囲気も少なく当時の「技術」だけで作られているような印象。何度も修復している箇所はみられるがよくもまあこの状態で建っていられるなあと感心するばかり。

「建てさせた人」も凄いが「建てた人」も凄い。すさまじい。

日本でもヨーロッパでも宗教家や武将が「建てさせた建築」のスケールは常にでかく感心する。そしてなによりも「維持すること」が大変であったろうと。世界各国の協会や神社にいくと同じことを思ってしまう。

寒河江に戻り、山形では有名な1932年創業の紡績ニットメーカー「佐藤繊維」が自社の倉庫を改造して造った「GEA」というセレクトショップへ。

13096037_1077812162280303_4823304801785679191_n 12036477_1077813658946820_147697205622935274_n 13124847_1077812185613634_3075240570882385077_n 13174047_1077812128946973_5945110912002077047_n 13151966_1077812152280304_1812408068565308695_n 13177817_1077812958946890_2636187468638096044_n 13096190_1077812495613603_1407367331267576027_n 13151976_1077812475613605_6663855128014033665_n 13173896_1077812438946942_6347983025880999960_n

コムデギャルソンを中心に佐藤繊維のオリジナルブランドを並べるハイセンスなセレクショップがなんとこの寒河江駅の真ん前に。。。セレクトショップといっても、そんな簡単にハイブランドを仕入れるのは難しく最初はブランド側から「お断り」させるのが普通なのだが、佐藤繊維はなんといってもコムデギャルソンのニットを作っていることもありこの品揃え。圧巻です。店員もきさくな方々で写真も撮らせてくれるし、温かい接客が心地よかった。

GQにも記事が書かれていますね。http://gqjapan.jp/fashion/news/20150803/gea

 

 

日本には世界から憧られている、伝統継承、巧みな技術、四季の変化、忍耐力があります。

資源の少ない国日本。伝統を背景に世界へもっともっと発信して行くことが求められているのではないかと実感しています。昨今、浅はかな打ち上げ花火のような事業や金儲けがメディアに取り上げられていますが、もう一度深く、自分の育った日本を知り、自分のやるべきことと、やりたいことの判断をバランスよくとって行きたいです。

TH_READという事業も100年後にも語り継がれるように精進していきたいです。

100 Years Inheritance of Textile History.日本が誇る最高級のテキスタイルを世界へ。
_T   TEXTILE
_H   HISTORY
_READ
日本の工場で、1 本の糸から生まれた生地を、衣服で世界につないでいくこと

事業理念を固めるのに2年かかり、創業1年の TH_READ。

 

これからも学び続けます。

 

11011081_829546280417213_1565642832745079964_o