• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

デザインことば

普段はテレビをみない(そもそもない)ので、実家に帰るとやたら見てしまう。
アメトークという番組で「日本語ポンコツ芸人」というのをやっていた。

僕の日本語もかなりポンコツだ。滑舌が悪い、アドリブによわい、オチもない。気持ちがこもっているときほどつっかえる。

プレゼンをすることもよくあるのだけれど、準備をすれば絵と一緒にみせることができるのでなんとかなるけれど。(と思っている。)

先日したインタビュー記事の文字起こしをしていても、自分が言っていることが聞き取れないのだ。周りのみんなはよくぞ聞き取ってくれているなぁと感謝が溢れてくる。ありがとうございます。

だからこそデザインの仕事をしていて、絵、画で表現する、伝えるということに重きを置いてきた。けれど、文章にもニュアンスというものを込めることができる、暗喩、比喩、メタファーということは、とてもデザイン的なのではないかということを思い、画も文も両方よくなったらさらによくなると思うので日々精進してまいります。

回転。

Shingo Kurono