• HOMARE YOSHIZAKI

    1984年生まれ。ベンチャーの立ち上げなどを経て、2015年デザインプロジェクト humar.(ユーモア)に参加。ヤリタイベースで色々な物を作ったり事を起こしたりしてます。

ネコイズジャスティス

まずはじめに、僕は猫だけじゃなく犬も亀も鳥も昆虫も飼っていた過去がありどんな生き物も愛している。
猫としか共に過ごしたことのない人間のポジショントークではない。
猫に関しては可愛いとか好きとかそういうのではなく、僕の思想哲学にまで踏み込んでくる存在と思っている。

みなさんご存知の通り猫は気ままだ。
猫と遊ぼうと思うと寝ていたり、寝ようと思うと起き出したりとこちらの都合に合わせようとはしない。
人間と同じ生き物なのでしっかりと手間をかけて育ててあげる必要がある。
トイレ、食事、手入れ、大事な家具の破損。
(家に帰った時に大切なギターが折れていた過去を思い出した。)

そう、AIBOのように放置しておけばいいものではない。

blog4
(映像)我が家のチャーコとキーコ

世の中はどんどん便利になっているが、猫という生き物は僕らを何か便利にしてくれる要素は無い。
猫は費用対効果、効率なんてことを主軸に生きている人間とは真逆の世界に生きている生き物だ。
世の中がAI、loT、VRだと騒いでも、お尻を舐めながら澄ました顔をしている。

猫は最強だ。
いつも自分をリセットしてくれる。
僕たちがいつも忘れそうになるシンプルな思想の持ち主だ。

猫カフェやペットショップにはいつも思うことがある。
猫は人が思う以上に賢い生き物でおもちゃではない。
もっと幸せにしてやってほしいし、猫の本質的な素晴らしさはそこじゃない。

日光を浴びながらゴロゴロ気ままに過ごしている姿こそが猫の平和であり、
見ている僕らの平和なのだ。