• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

豚肉たまごに、パン粉をまぶして、揚げればとんかつだよ。

ここ最近、とんかつをよく食べる。少し前までは、基本的にあまり油ものを食べなかった。ボディブローが次の日にじわじわ聞いてくるからだ。胃腸がおじいちゃんなのだ。
飲みに行くときもだいたい魚系だったし、焼肉に行くときもここなら!というところにしか行かない。

ここ3日、9食中3食とんかつだ。「とんかつ」と書かれた筆文字にとりつかれている。
思えば「とんかつ」という字面がよだれを誘うようなうまそうなかたちをしている。だからそれにつられて、夏の虫のようにふらふらっと暖簾をあげてしまっている。

と思っていた。
そこではっと気づいた。

少し前にThe ThéメンバーのMちゃんから、「とんかつDJあげたろうが流行ってる!」「とんかつDJあげたろう!」という言葉を聞いたからだ。

そのワードがあたまに残っていて、なにはともあれとんかつという気分になっていた。「とんかつ」という4文字に無意識にとりつかれていた。

知らぬ間に「とんかつ」ということばに、じゅるりとよだれを出してしまうからだになっていた。

どうも、とんかつDBしんたろうです。

Shingo Kurono