• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

シルクハットのかたちを崩さずに運ぶためのカバンをつくるための道具

先日滑り込みで「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展に行ってきました。

展示の内装が、外観からは想像つかないくらい凝っていた。ガラスケースのフレームまで木材と同じベージュ色に塗装してある。

ブランドは、ガラスの縁のようなこまやかなところにつくられていくのだと思った。
1パーセントも妥協しないこと。

昔の道具、革をすいたり、金具を留めるためのものの作り込みが素敵だった。道具という何かをつくるためのものをつくる人たちのその加工具ひとつへの愛情と執着みたいなもの。

バッグの製作から始まり、飛行機まで作ってしまうというどんな一族だと思ったけれど、夢があるなぁと思った。

僕らは空を飛んで何時間かすればハワイにつくことを知っていて、船に乗れば向こう岸に渡れることを知っている。親指ひとつで世界と繋がっていると思っている。
シルクハットのかたちを崩さずに運ぶために革でバッグを作ったりすることができるだろうか。

Shingo Kurono

 

image