• MASAKO TAKANO

    写真作家/美容師 美容専門学校卒業後、国内の美容室に勤めた後、2006年美容師として渡仏。帰国後も数多く海外を周り、旅の中で撮りためた写真を集めたビジュアルブック「More Than Words」を2015年出版。国内のセレクトショップをはじめ、NYの老舗ブックストア SPOONBILL & SUGARTOWN, BOOKSELLERSでも取り扱いされている。日々のふとした瞬間、ちいさなあたたかいことを綴っていきます。

会うってすごくだいじ/Face to face.

先日、BREWの飲み会が開催された。
BREWが動きだして早数ヶ月経ったけれど、KIKUSUIさんや運営側のスタッフさんと実際にお会いした事はなく全てが進んでいて、かといって特に不便もなく。
そんな中KIKUSUIさんがわざわざ新潟から足を運んでくださり、会を用意してくれた。

感じたこと。あー会って話すってすごくだいじね。

KIKUSUIさんのBREWへの熱意、サイト運営側の皆さんからもどんな想いでこのサイトを製作/デザインしたのか、運営においての考え方、なぜ私たちに書く事の依頼をしてくれたのか等、一度は聞いてるはずの内容でも、文字や電話で受けたときの印象と、実際に会って聞くのとではまるで伝わり方が異なり、私に協力できることがもう少しでもあればいいなと思った。
恵まれた環境に改めて感謝したし、気づけたことも勉強になったこともたくさん。
他のライター達の日常を彼らの声で聞くのもまた新鮮で楽しかった。
BREWがまたさらに面白くなっていきそうで楽しみだ。

メールや電話は便利だね。でも時間は短くともお互いの顔を見ながら話を聞いたり、どうでもいいおしゃべりから、あーでもこーでもないってぶつかってみたり、わかるわかるって笑い合ったり、想いを真っすぐ伝えてみる時間ってすごくだいじね。

そこでの会話の内容はたわいなくとも、例えば気持ちをうまい言葉で伝える事ができなかったとしても、顔を見てれば想いや気持ちってちゃんと伝わるもんだと思う。そういうもんだ。
特に何もなくても元気そうな顔を見るだけでもうれしくて楽しいしね。

会いたいなーって思う人もちらほら思い出した。
夏がくるね、わたしはお酒強くはないけど、暑い中の涼しい一杯は好きです。
花火に浴衣、かき氷とキーンて頭痛。楽しみもいっぱい。
よかったら一杯乾杯にちょこっとおつきあいくださいな。
左手にグラス、右手に線香花火で、最近どう?っておしゃべりしましょ。

Texting and phone calling are convenient.
But I believe that face to face is the best way to communicate even if for a short time.

SUMMER is just around the corner.
I look forward to toasting with you while looking at brilliant fireworks!!
Masako.

FullSizeRender