• YOSUKE KERA

    新潟県生まれ。文化服装学院通信教育でファッションデザイン画を習得。2002年、フランス・エスモードパリ校に入学。エスモードパリメンズ科卒業後、元DIOR HOMMEのデザイナー、ニコラ・アンドレア・タラリスに師事。2006年、日本へ帰国。企業でメンズのデザイナーを9年勤め、2014年に東京都が主催する「TOKYO STARTUP GATEWAY」のセミファイナリストに選出される。2015年、 「日本が誇る最高級のテキスタイルを世界へ。」をコンセプトに自身のメンズファッションブランド、TH_READ創設。

繊維産業の現状と未来 at ETIC

13528440_1112493018812217_3998183417784885519_o

渋谷ETICでセコリ百景大滝代表、そしてSTYLER小関代表と繊維産業に関してのトークイベントを開催。猛暑の中たくさんの方にご来場いただいました。

ETICとの出会いは2014年、TOKYO STARTUP GATEWAYからのおつきあいです。

13528147_1112493072145545_7233029829785500396_o

繊維産業には「川上」「川中」「川下」と別れていて、すごく簡単に言うと

「川上」が原料を輸入して糸を作る会社のイメージ。

「川中」が生地を作ったり縫製したりするイメージ。

「川下」とは店を持っていてお客様に商品を販売する最終窓口のイメージ。

その「川中」の話をメインにトークイベントを開催。

先日、浜松のテキスタイルベガさんにお邪魔してきたときに取材した内容や、問題点、今後の産業の話などを。

13558644_1112492962145556_1138593160715272607_o

小関さんはファッションテックサミット、経済産業省、文化服装学院などのイベントにも登壇されているので司会に慣れていて本当に助かりました。

多くの方に「わかりやすく、おもしろかった」と評価も高く、今後も続けていきたいと、3人で話しています。

17時からの交流会では、日本酒「菊水」「無冠帝」を飲みながらカジュアルにみんなが名刺交換してくれていて本当に有意義な時間でした。

「川中」に限らず、川下や、スタイリストの仕事、、演出家の仕事、アートディレクターの仕事、カメラマンの仕事など、ファッションを取り巻く仕事についてもいつか開催したいです。気づけば周りにプロフェッショナルが多くなり、独立している人が増えてきています。こうやって、アクションを起こすことでひとつ「時代」を作れていけたらと考えています。