• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

あんあんあん

1458748102uqYqLQh9OJzWmsH1458748098

 

 

あんあんあん

とか

るーららー

とか

ララララーララー

というのは、語数合わせではなくて、ことばにできないようなふわふわした、かたちにならないような気持ちがつまっているのかなと思った。

カラオケに行っても、歌のおわりの Ah〜 とか Oh〜 とか Wow〜 とか Yo Yo というところまでちゃんと画面に出てくるし、その度にそこまでちゃんと歌いたいと思うのだけど、こっぱずかしくてビールを飲んでごまかそうとしたりしてしまう。

そのことばにできないようなかたまりを表現するために、あえて あんあんあん にしているわけで、 ルンルンルン ではちょっと違うんだろう。

そこを補うのは、きっと僕たち受け手がわの想像力なので、うれしいときはうれしいようなものになって、さみしいときはさみしいようなものになってもいいのかもしれない。

全部が全部わかりやすく伝えられても、お、おぅ、ってなってしまう気もする。

想像とか妄想とか、人のあたまにあるものがおもしろい。AIほどロジカルになれません。

今日はとてもいい天気です。書を捨てて旅に出たいですね。

 

Shingo