• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

火曜日ランチタイムの哲学

細かい作業をしていて、家のペンダントライトが暗すぎたので、手元を照らそうと撮影用のライトをつけた。

すると、逆に見づらくなった。影が暗くなったのと、目が暗いのに慣れていたからだろうな。

手を動かしているときは、なんだかいろんなことを考えてしまうのだけれど、比較だなぁと思った。

当たり前のことだけど、光が強くなったら影は濃くなるものなんだ。

東京の空の星は見えないと聞かされているけど、山の中は周りが暗いから見える。周りの状況に自分の目の方が合わせにいっているはずだけど、暗い山の中で星が見えるようになったその調整度合いが自分のベースになる。

東京で空を眺めるときと山で空を眺めるときは自分の中のメモリは少し違うはずなんだけれど、その環境での自分の位置がメモリ0になる。

自分の0地点からみて、明るい、暗い、あれは綺麗だ、これは汚い、どっちかというとこっちよね、みたいなことの中で生きてるわけだけど、自分の0地点も少し変わってる可能性もある。

確固たる信念を持って、というのはかっこいいなぁと思う。でも自分以外の0が緩やかに変わっていたとしたら、自分の0のところの確固たる信念は、理論が先行してしまったら周りの環境からずれてしまってる可能性もあるのかもしれない。

なんだかうまくまとまらない、ややこしい話になっちゃった…

大事なのは変わってくこと、変わらずにいること〜とマッキーが言っていた。

Shingo Kurono