• JARDIN DE MUGUET

    フラワーデザイナー 2014年Paris Rosebud、エルベシャトランで花修行。 帰国後、フラワーデザイナーとして活動中。 個人の贈り花からレストラン、ウエディング、展示会の装花など。 空間に「はっ」と、ときめく瞬間を花で添えたい。

【食いしん坊バンザイ】clown bar

夏に向けてダイエットだ!と、

励んでトレーニングにも通いはじめていたが

パリに来たらそんな事を気にしてる場合ではない。←だめ

幸か不幸か、いや、幸いなことに

二年前、この街には美味しいレストランが沢山あることを知ってしまった。

ここでしか味わえない体験をするのが旅の醍醐味だ。

折角、パリにいるんだから好きなことをとことんしよう!

と、色んな理由をつけて毎日たべあるいてます。

・・・

今回最初のビストロはクラウンバー。

北マレにあるオープンしてから常に人気でいつも満席のお店。

どれだけ人気のビストロかは、「クラウンバー パリ」で調べたら

日本語でもたくさんの情報を得る事ができます。

夜は絶対に予約が取れないと思い、

ランチ開始直後にダメ元でいったらご案内いただけました♫

・・・

クラウンバーに行ったら必ずたべる

貝のフリット。

IMG_6851

エビちゃん。

(ありがとうございました。)

IMG_6853

フォアグラ、鰻、マッシュルーム

IMG_6854

ピジョン(鳩)

火が灯された香草とともに登場。薫製感。

全く臭みがなくやわらかくて美味しい。

IMG_6865

付け合わせのポテトもソースもすばらしくて。

IMG_6861

デセールは桃。

IMG_6862

ご一緒した方のデセールはこちら。

IMG_6863

んでもって、カフェはl’arbre a cafe。

IMG_6864

パリ初日、6時間耐久散歩に付き合ってくれた友だちが

教えてくれたコーヒー屋さんのものだった。

ちなみに、ここのコーヒー屋さんでは

Espresso cafes d’Animaux(動物のコーヒー)という珍しいものを飲んだ。

IMG_6731

これ。

動物は本能でおいしいコーヒーの実を選んで食べる。

コーヒー豆は消化できません。

からの、そのまま体外にでる。

そういう豆を使ったエスプレッソだそうです。笑

エスプレッソで7ユーロ。

「ここでしか味わえない体験をするのが旅の醍醐味だ。」

というポリシーのもと迷わず飲みました。

結果、わたしは普通のエスプレッソの方が好みでした。。

動物って、何の動物だろう…と時間差で色々気になる。

どこにいた何の動物だろう。。

どうやってt…いや、考えるのはやめましょう。

・・・

突然、何も言わずにクラウンバーへ伺ったので

シェフが絵に描いたように驚いていて、

それに私は驚いた。笑

・・・

おかげさまで大満足な食事でした。

どうもご馳走様でした。

これがパリ2日目の昼の話。

まだまだ食べてます。