のみきり NO・MI・KI・RI

現在、J23 KIKUSUIは貯蔵タンクで発表の時を待っています。

こちらが「J23 KIKUSUI」が眠るタンクです。

貯蔵タンク1

さあ、今回は「のみきり」の様子をお知らせします。

のみきり?飲み切り?…えっ、発売前に全部飲んでしまうのかい!?と、ご心配の皆さん、安心して下さい。飲み干しません。

「のみきり」=「呑み切り」、これは貯蔵中のお酒の品質を確認・評価することを言います。

(なぜ、呑み切りというのか。これは後ほど)

 

 

タンクからお酒を出しています。ストップ!まだ発売前です、出し過ぎないように!

 

では、気になるお酒の状態はどうだったのか・・・発表します。ジャン!

思い通りのコンディションに仕上がっていますよ。

製造リーダーの伊藤が味わいを確認しました。

呑み切り 利き酒する伊藤AM

「出荷開始のタイミングで思い通りの味わいになるよう味・香り共に順調に仕上がっています。」との事です。ワクワクしますね。

私も少し利き酒しました。フルーティーで躍動感すら感じる甘い香りが立ちこめています、おしゃれです!香りがカッコいいです。

味わいは前半が甘さのインパクト、後半は旨みを感じました。思わず「おかわりっ!」…できませんでした(涙)

呑み切り ちょこにお酒

「J23 KIKUSUI」は、これからタンクでもう少しお休みすると味・香りの角が取れて、思い通りのバランスで仕上がっていくそうです。皆さん、お楽しみに!

 

最後に、「のみきり」について…

「呑み切り」は貯蔵した酒の品質を評価することを言います。お酒の貯蔵タンクには、下部に「呑み口」という酒の出口があり、検査用の酒を取り出すために「呑み口」の「封を切る」ことから、「呑み切り」と呼ばれています。酒蔵では、冬に仕込んだお酒を夏に「呑み切り」をして味の確認をするのが一般的です。

呑み切り 呑みひねり中