• JARDIN DE MUGUET

    フラワーデザイナー 2014年Paris Rosebud、エルベシャトランで花修行。 帰国後、フラワーデザイナーとして活動中。 個人の贈り花からレストラン、ウエディング、展示会の装花など。 空間に「はっ」と、ときめく瞬間を花で添えたい。

夏色 – 花編 –

花のテーマ: 大人の夏 〜 草原と太陽

IMG_8299

ウェルカムフラワーは、

アーティチョークのブーケと

ちょっとシックな大人のひまわり畑のブーケ。

IMG_0013お客様の席の後ろのスペースは、

広がる草原とグロリオサの太陽を…セッティング中の図。

毎度の事ながらしっかり写真を撮れず本番へ。。

IMG_0019

桃のガスパチョにあわせるリース。

青く綺麗な野バラの実をベースに

トケイソウとフヌイユ(ういきょう)をあしらって。

・・・

” その時に出されるメニューにリンクする花をしつらえる。”

” なるべく食に関連するもので彩る。”

ささやかなポリシーかもしれないけれど、

食にまつわる空間に花を活ける時にずっと心がけているマイルール。

私自身、食べる事が大好きなので

美しいと美味しいが分離されるのではなく

どちらも融合してひとつの空気があることは重要。

IMG_0018

リースがテーブルに並んだ時、

わぁ〜♪と、喜んでくださったり、

持ち帰りたいと仰ってくださったり、

皆様の反応にとても幸せな気持にさせて頂きました。

『野バラの実は、ローズヒップの仲間ですがバラの種類によって効用が違うんですよ〜』とか、

『ガスパチョの中のこの黄色い花が、リースについてるフヌイユの花なんですよ。本当は背が高いんです』とか、

『トケイソウは、品種が少しちがうけどこの花が結実するとパッションフルーツがなるんですよ♪』などをお話して、

『えーーそうなんだ!!』と楽しんでいただけたのもとても嬉しかったです♪

IMG_0015

そして、お席のうしろのお花たちは

実はいらっしゃった人数分ご用意しており、

サプライズプレゼントとしてお持ち帰り頂きました♪

(ご自宅で飾りやすいように水を抜いて器ごとプレゼント^^)

IMG_0017

美味しい食事がお好きな方は、

やはりお花も好きな方が多く、

こちらが嬉しくなるほど喜んで頂けて

花屋でよかったなぁーとしみじみ思いました。

IMG_8304

さいご、エントランスには、

アミューズのお皿を彩っていた枝豆

ビオのフィレ肉に添えられていたトウモロコシの

ウェルカムフラワーと同じひまわり(サプライズの鴨にも添えました)をあしらったリースを掛けてお見送り。

お帰りになる際にもう一度、

「夏色」を噛み締めてもらいたく、

リースにこのひとときを飾りました。

・・・

リースからはトウモロコシを焼いた甘い香りがほのかに伝わり、

私のあたらしい「夏色」の記憶になりました。

・・・

次回、もっともっと面白いことをしたいと思っているので、

キュイジニエメンバーが日本にいるうちに

次の開催をする予定です…☆

たのしみだな!