• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ポクポクチーン

Aの仕事をしているときに、Bの仕事の案を思いつくことがある。
というかだいたいそうだ。

Aのことに没頭していると、Bのことは外側から眺める感じになるから、直視して一生懸命見ているときには見えなかったものがみえるということなのかなぁ。

それはそうと、あたまのてっぺんにある百会というツボを押すと、頭の回転が早くなるらしい。
それはもう、ごりごりと押してやりたいところ。

一休さんはそり込みのところをなでなでして、ポクポクチーンしていたけど、あのへんを押すと不眠に効くらしい。

一休さんも大変だったのだ。

Shingo Kurono