• JARDIN DE MUGUET

    フラワーデザイナー 2014年Paris Rosebud、エルベシャトランで花修行。 帰国後、フラワーデザイナーとして活動中。 個人の贈り花からレストラン、ウエディング、展示会の装花など。 空間に「はっ」と、ときめく瞬間を花で添えたい。

みぎたん新潟へゆく

熊本に続き、今月2度目の出張は新潟。

IMG_0070

新幹線のトンネルとトンネルの合間に見える景色の美しいこと。

ザ夏休み!のような眺めにテンションがあがり、

何がほしいわけでもないのに

車内販売を呼び止めてしまった。

②田んぼとJ23

今回、新潟を訪れた目的は、

菊水酒造さんから新しく発売された

日本酒「J23」のお披露目イベントでの会場装花。

IMG_0074

会場となる菊水酒造さんの本社。

加治川の手前の立派な松林を抜けると現れる

なんともお洒落な門。

IMG_0075

扉をあけると木々のむこうに

こうべを垂れ始めた黄金色まじりの

酒米の田んぼがひろがっていた。

なんとも清々とした空気感と心地よさで、

こころが浄化されたような気持になりました。

・・・

そして、さらに驚いたのは、

この建物の地下にある「日本酒文化研究所」

むちゃくちゃかっこいい図書スペースと

その先にある日本酒にまつわる器などの展示の数々。

IMG_9561ひとつひとつじっくり見て回りたいものばかり。

IMG_9556

360度きょろきょろ。

こちらのずらーーと並ぶ器は杯台(はいだい)。

座敷にお猪口を直接置くわけにはいかないので、

この杯台にお猪口を置いていたそうです。

IMG_9543

この手前の器は、杯洗(はいせん)と呼ばれる器。

一つのお猪口で日本酒をさしつさされつ呑む時に、

そのまま渡すのではなく、

水を張った杯洗でゆすいでからお相手へ

お猪口を渡したそうです。

資料の絵から、実際にどのように使用されていたかが伺える。

・・・

ちなみに、諸説あるそうですが、

夫婦でお酒を楽しむときは、洗杯を使う必要がないため

「夫婦水いらず」

と、いう言葉ができたと言われているそうです。

(へぇーーーーと言いまくってしまいました)

IMG_9552

そのむかしは、お酒を呑むことは娯楽だったため、

より楽しく、洒落た呑み方をするように

粋な工夫がちりばめられていたんだなぁとしみじみ。

・・・

この展示品の中には、

江戸初期の器などもあり、ワクワクがとまりませんでした。

IMG_9548

しかも、隣にある酒造場の様子が見える窓もついていて、

「おー!」とか「わーぁ!」とか

ボキャブラリーのなさを発揮しながら楽しませていただきました。

・・・

そして、なんとこの貴重な器達を

イベントの会場装花の際に使用して良いと仰ってくださり、

大興奮。

その3秒後に、何があっても絶対に落とすまいと緊張。

・・・

P1010131

と、長くなってしまったので

お花についてはまた今後。

はじめての新潟市場での仕入の様子や

はじめての新潟なのにディープなお一人様の夜の様子など、

ネタがつきないのでしばしお付合いくださいませ。

P1010130 つづく!

instagramはこちらから☞ migiwa nicole OTA

ブログ投稿一覧 :jardin de muguet