• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

自動筆記

本日ようやく公開できました、
インタビュー特集「ちょっと呑みにいきませんか?」

その中で自動筆記というキーワードがありました。
無意識的に、文章を書いて、出す。

僕はそれを聞いて、このブログを自動筆記として毎日書かせてもらおうと思いました。
ある意味トレーニング中の状態をふところひろげてうわぁと出してしまっているものだから、はずかしかったりもする。
例えるならば、そう、コートの下は素っ裸で、道でコートをうわぁとしているような感じ。
とっちらかった文章ばかりになってしまっている気もするが、友人のM子さんは、「あんた、ちょっとずつ文章うまくなってるんじゃない?」と言ってくれたりもして、うれしいなぁと思う。

ともあれ、素敵なインタビュー、無事公開できてよかったです。
隠れテーマは素晴らしき雑談。中村くんの何気ない言葉のところどころに、これからの自分への知恵がたくさん詰まっている。

Shingo Kurono