• MICA TAKAHASHI

    「旅する月のsalon」は「MOON mica takahashi」という看板で、今年夏頃までの期間限定SHOPをオープン 火水木金18:30〜23:30 土 12:00〜19:00 日月休み 3/2から 木18:30〜22:30 金土12:00〜22:30 日10:30〜19:00 月火水休み 渋谷区代々木5-55-5 2F 小田急線参宮橋駅2分 「満ち欠ける月のように、さまざまな時と空間に現れる、旅する月のsalon」 MOON 高橋美賀 mica takahashi

ないと困るもの

 

image

「目に見えないことを、空想する時間」

「コーヒーの薫り」
コーヒーをドリップしている時の湯気からあがる薫りは、目に見えない

時々、私はコーヒーの薫りを空想する

月にあるわけもない海の水のような味や匂い、月にあるとするなら空に光るものが見える風景

 

「心地よい音」
グレングールドの鍵盤が指に触れる音と、天頂するときの彼の唸り声は、たまらない

音は耳に反響し、音符が空気に乗って流れているように見えるが、音や音符は決して目には映らない

 

「夢」

夢で見ている風景は、自分の目なのか?妄想が酷すぎて、ムービー化してしまっているだけなのか、現実の私の目では見ていないのだから、正夢という現象は何なのだろうか

先日の夢、憧れのあの人に手を引かれて、緩やかな多摩川か鴨川の流れを見ながら、ゆっくり語り合っていた、かなり鮮明な映像だった

夢が覚めないで!と夢の中で叫ぶ
覚醒している私の、この目で見ていることであって欲しいと痛切に思った

 

「ハンドパワー」

カラダがドロドロになっていて、身動きとれなかったとき、ある人にあったら、カラダの流れをよくしてくれてすっかり回復した、一瞬のうちに
薬を飲まされたわけではない、目に見えない何かのちからで

 

私は目に見えないものをわりと信じている、見えないものを、感じたり思いを巡らせたり、現実化したいと思ったりする(私、大丈夫なの!?)

日々仕事に追われているから、結構な頻度で空想して、心身を労わる、そんな時間が私には必要だ