• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

グッバイサマー

オドレイ・トトゥがお母さんの役をやっているということに、何となく違和感と哀愁のようなものを感じた。
内容的にはただ日常から抜け出して、タイヤ付きの家を押して、旅をする。

シンプルだ。
その単純なストーリーの中に、いろんな思い出のようなものと、
ゴンドリー的ギミックが混じりあって、なんとも言えないセンチメンタルな気持ちにさせる。

夏の終わりにオススメの映画でした。

「グッバイサマー」
http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/

小学生の頃、ツームといって通学路じゃない、河原の道を歩いていたなぁ、
とか、そんなことを思い出した。