• HOMARE YOSHIZAKI

    1984年生まれ。ベンチャーの立ち上げなどを経て、2015年デザインプロジェクト humar.(ユーモア)に参加。ヤリタイベースで色々な物を作ったり事を起こしたりしてます。

思いを伝える

駒沢通り沿いにある、古着リメイクのお店にちらっと入った。
すると、待っていたかのようにその店の店主の方に服作りの思いを語られた。
世の中には話しかけられたくない人もいる。
しかしそんな人の気持ちも考えないぐらい、放っておいたら永遠に喋ってしまうような人だった。

染めの色の微妙な違い、サイジング、インテリアと服の融合(?)。
飲み屋でちょっと飲み過ぎて熱く語っている人のような熱さだった。

突っ立っていると僕はマネキンになっていた。
古着が好きそうな人というプロファイリングもされていた。

ちょっと疲れる。ちょっと熱すぎる。けど、この店好きかも。
すかしてる感じが多い世の中、たまにこういう極端な人と出会うととても新鮮だ。
好きで好きでしょうがない時もクールに決めてしまう。
しかしこんな世の中だからこそ敢えて極端に思いを伝えてもいいのかもしれない。