• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

リンク

なにかとなにかをつなぎあわせるなにかがきっとあるはずで、
打ち合わせや、飲みの席だったり、話をするときに、あぁ、なるほどね!とか、わかってるねぇ〜。 とか、うまい!というようなことになる時はきっと、なにかと何かがうまくリンクしているような気がしている。
(リンクということばでは少しニュアンスが違う気がするが)
ある意味それは大喜利的なことかもしれないし、だじゃれのようなことなのかもしれない。
そこにあるエッセンスとそこにある他の要素、全く反対のようなこと、それをうまく掴むことが重要。

ただのメモになってしまった。すみません。笑

Shingo Kurono