• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

コロッケ

“(デザインとは)コロッケみたいなものかもしれませんね”

とある本で読んだ。
ジャガイモたまごにパン粉をまぶして揚げるほうのコロッケじゃなくて真似する方のコロッケさん。

本人の部分的な特徴を捉えて、デフォルメして少し誇張して出す。

だから本人よりも本人らしくなってしまう、というかその本人に対するみんなのイメージの捉え方と抽出の仕方がうまいということなんだろう。

パリにいた時に金八先生のモノマネをよくしていた。ずっとやり続けていたけれど、結局一緒にやっていたU太の方がうまい、ということになった。

高校時代の友人のI橋はモノマネの名手だった。具体的に言えばモノマネをしている人のモノマネの名手だった。
「ダンカンばかやろう」をトイレ掃除中にずっとやっていた。

そんな彼を羨ましく、いつか自分も持ちネタのひとつくらいほしいと思っていた。そのせいあってか最近ではカラオケでモノマネをすると「似てる〜」と言ってもらえることが増えた。

というよりも「似てる〜」と言われるまでやり続けていれば、大抵誰かが気を遣って「似てる〜」と言ってくれる。

また話が脱線してしまった。

image

Shingo Kurono