• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

びっくりマーク!

移動の電車の中で、ウディ・アレンの「僕の副作用」という本を読んでいた。

買ったのはかなり前なのだが、なかなか読み始める事ができずにいたのだが、今日は電車移動が多めだったので、本棚に眠っていたものを引っ張り出して来た。
単純にユーモアという言葉では片付けられないような、面白い短編集だった。
ウディ・アレンの独特な世界観、少しブラックジョークも含んだやりとりに、乗り換えの駅で降りるのを忘れてしまいそうだった。

まだ始めの章くらいしか読めていないけれど、これから先が楽しみだなぁと思う。
そのなかの表現として

「…すばらしいウィット! …」

というものがあって、このびっくりマークが、いい味を出しているなぁと思う。

「すばらしいウィットである。」
「すばらしいウィットだった。」
「すばらしいウィットを存分に発揮した。」

とかでは解消出来ないびっくりマーク!

Shingo Kurono

51ur2vqoqul-_sl500_sx281_bo1204203200_