• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ごはんがうまいということ

img_9610

先日のごはんフェスで柾式炊飯なるものを教えてもらった。

詳しくはこちらへ↓

https://www.facebook.com/masakigohan/

その時に食べたおにぎりがそれはそれはうまかったのだ。
ひとつぶひとつぶがちゃんとたっていて、それでいて全体のバランスがとれていた。
噛むと甘い。

で、やってみた。
ただ、ネックなのが、土鍋以外で炊いてくださいと書いてあるのに、
家にある蓋付きの鍋は何年も前に形から入って買ったストウブ鍋しかなかった。

まぁうまいことやればなんとかなるだろうと思い、2時間水につけたあと、おそるおそる炊飯を開始した。
強火から、弱火にするタイミングが恐らく重要だ。

強火から、弱火にするタイミングだ。
だが、弱火にした後、あぁ、やってしまったと思った。
ビビって少しタイミングが早かった気がした。

炊きあがったご飯は、いつもの炊飯器で炊いた時よりも確かにうまかった。
しっかりと粒が立っている。
けれど口いっぱいに含んで、噛んだ時の一体感がない。

精進しよう。

Shingo Kurono