• HOMARE YOSHIZAKI

    1984年生まれ。ベンチャーの立ち上げなどを経て、2015年デザインプロジェクト humar.(ユーモア)に参加。ヤリタイベースで色々な物を作ったり事を起こしたりしてます。

どれだけ真似したって何か違う

とあるラジオ番組を聞いていた。
出演者のアーティストが「日本人というフィルターを無くして、海外のプラットフォームで戦いたい。そのためにJames Blakeのようなポストダブステップを意識して作った。」と言っていた。

とても興味があったので聴いてみたが違う。真似をするというのは簡単なようでやはり難しいようだ。

James Blakeの音は単にリバーブがかかっていて、声の高いボーカルと、太いベースのコンテンポラリーなダブステップ、音の感じを言語化したらそういう感じかもしれない。しかし、アウトプットだけ拾って同じような音を探して作っても同じにならない。

James Blakeの音楽には映像がある。空間があって重力があって時間軸がある。James BlakeのようなUKのアーティストと日本のアーティストは様々な面で環境が違うからあの空気感を出すのは難しいかもしれないが、音楽作りと言っても映像を思い描くことが先なんだと思う。だから音を聞いたときに映像を感じ取れる。表面上だけを拾うのではなく感じ方が大切なんだろう。