• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

なんとなく

「ここのこのマークは、どんな意味があるの?」

と、僕は単純に、それどこで買ったの?というような単純な質問として聞いた。

「えと、なんとなくです。」

と、彼女は答えた。

特になにも考えずに聞いたつもりだったのだけど、ここの丸はこういう意味があって、ここはこうで、という説明をきっと求めてしまっていたのだろう。

強いなぁ、と思った。なんとなく、いいからやってみたということ。

その言葉に僕の心の中に長いこと居座っていた理由やらうんちくやらを貯めている部分がすっと消滅した感じがした。

Shingo Kurono