• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

スナックにて

忘年会シーズン真っ盛りだ。

昨日は愉快な仲間たちの忘年会だった。
阿佐ヶ谷にある貸しスナックを借りて、笑いあり涙ありカラオケあり餃子ありのとても楽しい時間だった。
TH_READのケラくんつながりで仲良くなった仲間たち。
去年はじめましてだったので、ある意味僕は新参者なのだが、とても暖かく迎えてくれてありがたいなぁと思う。

三軒茶屋でケラくんと待ち合わせて、電車で向かったのだが、話し込んでしまい、電車を乗り過ごして、1時間半もかけて阿佐ヶ谷に辿り着いた。

「今年も一年ありがとうー!お疲れ様でした!」
という言葉に、あぁ、もうそんな時期なんだなぁと湧かない実感を無理やり湧かせる。

「こんな夜に〜」と歌いだし、ワイワイとマイクに群がる。
仲間がいて、お酒があって、何も考えずにはしゃぐ。
単純だ。
幸せは単純なことなのだ。

菊水の無冠帝を炭酸水で割って、日本酒ハイボールにして飲んでいた。
日本酒は何かで割ったりしたら邪道なんじゃないか、とずっと勝手に思い込んでいた。
先日菊水さんにそんなことしていいのかと尋ねたら、全然ありですよー!とのことだった。
抹茶もそうだけど日本の文化というのは、何か先入観のようなもので縛られて、触れてはいけないような感じがしてしまうが、美味しければいいということだ。うまいということは幸せだ。

他にも普通に氷を入れてロックにしても美味しい。
抹茶で割っても、とてもとてもうまい。

まだまだ後3週間続く忘年会月間。
みなさまも体に気をつけて楽しい時間を。

Shingo Kurono

15401027_1195395007211841_5279801955599684516_n