• YOSUKE KERA

    新潟県生まれ。文化服装学院通信教育でファッションデザイン画を習得。2002年、フランス・エスモードパリ校に入学。エスモードパリメンズ科卒業後、元DIOR HOMMEのデザイナー、ニコラ・アンドレア・タラリスに師事。2006年、日本へ帰国。企業でメンズのデザイナーを9年勤め、2014年に東京都が主催する「TOKYO STARTUP GATEWAY」のセミファイナリストに選出される。2015年、 「日本が誇る最高級のテキスタイルを世界へ。」をコンセプトに自身のメンズファッションブランド、TH_READ創設。

先輩部長と

長らくサラリーマンやってた時の事業部長様と今夜は池尻のレストラン。昔から多くのことを学ばせてもらい御飯もいつも連れて行っていただきたくさんの事を学ばせててもらいました。

 

長らくサラリーマンやってた時の事業部長様と今夜は池尻のレストラン。昔から多くのことを学ばせてもらい御飯もいつも連れて行っていただきたくさんの事を学ばせててもらいました。「会社」とは「代表取締役社長」が創業した「会社」でありその中で働く「社員」はやっぱり社員であり、その社員には生活や家族や子供がいて未来があるのでその社員を守るべく「社長」がいるのであると、先輩部長と話していて改めてて実感した次第である。1番リスクが高く運転資金、破産リスク、子会社化のリスクヘッジ、首切りを行わなくてわいけない「代表取締役社長」とその中で働く「社員」。 「辞める人」「残るひと」と人生それぞれだけど、結局の所極論、「社長が創業した会社」なのでありその社員の幸せや生活は個人の自由であり、その自由は「人」が選べるのであるのが元々の個人主義社会と株式会社制度だと。俺はとことん勉強して改めてて思う次第。 「辞める人が悪」であればそれは社会主義に近い奴隷制度で、あの国やあの国みたいな事になってまう。 「社員.雇用されてる」のが嫌ならハイリスクな「社長」になればよい。 そろそろ36歳。 200億の会社、10億の事業部で働かせて貰ってたリスクを学びながらステップアップ。 #池尻 #三宿 #レストラン #社長 #代表取締役 #社員 #サラリーマン #ステップアップ #資本主義 #社会主義 #リスク #ステップアップ

A post shared by kera (@kera_th_read) on