• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

今年の花粉は4倍らしいので目がシパシパする

半蔵門線で表参道まで行き、銀座線に乗り換えて赤坂見附へ行く。
赤坂のオフィスビルで打ち合わせをして、赤坂見附で丸ノ内線に乗り込み、大手町へ向かう。

大手町で電車を降り、神田川の方向へ歩いて行くと、高速道路のおかげで全く日当たりのない神田川が見えてくる。

神田川といえば、と思い、頭の中で歌を歌おうとするが、流れて来たのは「君の髪が、肩まで伸びて、」というフレーズだった。

僕の髪も昔は肩まであったなぁ、と思う。

みんなそれぞれいろんな環境があるなぁと思う。僕が普段見ている世界と、周りのひとたちの世界。

今と昔の世界。

同じ場所だったとしても、横丁の風呂屋があるようなそこはなくて、オフィスビルと高速道路に囲まれた川があるだけだったりもする。

そして3畳一間のアパートを僕は見たこともないし、もちろん住んだことがなくて、僕の世界の神田川の上には高速道路が覆いかぶさっている。

Shingo KURONO