• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

いいこと聞いた。

昨日、いいこと聞いた。

というよりも、漠然と感じていたことをうまく言葉にしてもらった感じがした。

「例えばさ、黒いジャケットでバチっと決めた人がいるとするじゃない。一見とても怖そうな人、怖いと言うか近寄りがたい人。
それで、その人とバーで隣の席になったとする。

で、自分はコートを脱いで座ろうとする。そのときにその、隣の人にコートが当たっちゃうわけ。
で、「あ、すみません。」って謝ったときに、その人がニコって笑う。

そうすると、近寄りがたさの壁がすっとなくなって行く気がするよねぇ。
ブランドもそうありたいねぇ。」