• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

現代の矛盾

品川駅に着き、階段を上がって目の前にあった「有名駅弁」のお店で、秋田の名物駅弁を買い、新幹線の当日券の券売機に並ぶ。
おかしいな、ということに気づいたのは、ようやく自分の順番が来て、券売機と対面した時だった。

iPhoneをピッとして渋谷駅に入ったので、券売機では品川駅までの運賃の精算ができない。
周りを見渡すといたるところに、「電子マネーは券売機では使えないので、窓口へ」と書かれた張り紙がしてある。

窓口には、券売機に並ぶ人の3倍以上の人が並んでいる。
ピッとしたらすぐに行けるはずだったのだが、いつもよりも待ち時間が長いというなんとも本末転倒な状況。

東京の西側へと向かう新幹線で、東北側に向かわなければ食べられないはずの弁当と食べ、
簡単、便利なはずのスイカを使ったことで普段以上に待つ。

この世界は矛盾に満ちているのだ。