• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

運命的な

目黒駅で電車を乗り換えて、山手線で渋谷に向かい、田園都市線で三軒茶屋にもどるというのが白金高輪から戻る場合のベストルートである。

と、乗り換え案内アプリは言っていた。
なぜか僕はそこで目黒駅からバスで三軒茶屋に戻ろうと思い、バス停に向かっていた。

パリ時代、週に何回か100人くらい入る大きな教室で全学部合同の講義があった。
ファッション科に日本人の友人がいて、日頃の授業でフランス語にもみくちゃにされていた僕たちは、その時だけは近くに座り、日本語を話しては怒られていた。

バス停に向かう途中に、僕はアーケードの中のトイレに行き、バッファロー66でビンセントギャロがトイレを探し回るシーンを思い出していた。

アーケードを出たところで、その友人にばったり会った。
なんかすごいなぁ。

Shingo KURONO