• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ユカリ

ユカリがやってきたのは天気のいい初夏の夜だった。
僕はユカリが家に来るのを今か今かと待ちわびていた。

ーーー

学芸大学駅から祐天寺へと向かう高架下だった。

その日僕たちは五本木あたりのカフェでコーヒーでも飲みながら打ち合わせをしようとしていた。
歩きながら、ふと道脇をちらりとみた。

それは確実に一目惚れだった。
カフェの向かいの花屋の店先に、ユカリはこちらを見ながらたっていた。
どちらかというと、姿勢はよくはなく、重心が少し偏っているように見えた。

「今夜、八時十五分ごろ、伺いますね。」と言った。

「今日の今日で大丈夫なんですか?」僕は少し驚いて言った。

20時を少し回った頃、ブゥブゥと電話のバイブが鳴った。

「もう、近くにいるので、伺いますね。」

玄関にユカリが着き、僕はユカリを抱き上げて、窓際に行った。
ユカリがいると、部屋の中が何ケルビンかパッと明るくなった感じがした。

殺風景な部屋に、潤いを与える観葉植物のようだった。

いや、観葉植物だった。

そしてその日からユカリは僕の家の窓際にいる。

Shingo Kurono