料理を彩る器の魅力 〜 古くて新しいギザギザ・ナミナミ〜

今回は菊水酒造の社内の様子をご紹介します。

会社の敷地内にある「菊水日本酒文化研究所」 、こちらは酒・食文化に関する研究所です。

緑に囲まれて景観がとっても素敵♪

酒器や文献といったお酒に関する品物を収蔵し、それらを通して粋なお酒の飲み方や、

食に関する文化・歴史などを日々研究しています。

研究所の中でも、一際存在感のあるこちらのお皿たちをご紹介します。

一見高価そうに見え、時代を感じさせるお皿ですが、

菊水のイベント時にも大いに活躍している身近なお皿なんです!

「いげ皿」といいます。

明治~大正時代に庶民の間で人気のあったお皿。

転写で絵付けしており、縁がギザギザのウェーブで焦茶色が特徴です。

名前の由来は佐賀方面の方言で「刺」からきてるそうです。

ご覧の通り、NGT48・大滝さんとのコラボポスターでもバッチリ使用中!

お皿を絵付けする作業で、転写のズレや絵柄の抜け、歪みが発生するので

同じ絵柄でも個々に表情が違います。

個性があって愛着が湧いてきますね♪

こちらは、花の型に吹き付ける手法で柔らかさを表現しています。

昔は口で吹き付けていたそうですよ~。

壁のディスプレイも素敵だけど、

お料理に使ったらオシャレでしょうね。

・・・ということで、お料理盛り付けてみました!

迫力ありますねー!

大皿なのでお魚まるごと料理にもちょうどいいです。

渋い絵柄×ポップなミニバーガー!可愛すぎっ!

和・洋、どんな料理にも合いますね。古くて新しい!!

縁の存在感がお料理を華やかに引き立て、食卓を彩ってくれます。

庶民にも手が届く華やかなお皿たち。私たちの食卓は見て楽しい、食べておいしい・・・

そう今も昔も変わらないのだなぁ、としみじみ感じました。