• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

イルカ

イルカというのは左脳と右脳を交互に休ませることができるらしい。

人間にそれはできない。
でもそれをうまくできるようになったとしたら、スピード感や仕上がりに十分影響がでるような気がする。

スカーレット・ヨハンソンが出ていた映画で、人間は脳の能力、つまり脳力を10%も使えていないといっていた。
もし、イルカのように脳を使うことができたら、もう何パーセントかは使えるのではないか。

はっきりいって僕の今の状況は結果が全てである。
誰がなんと言おうといいデザインができれば次もまた依頼がいただけるし、そうでなければ次はない。
アウトプットが全てである。

そのアウトプットのクオリティを上げるためには、脳を鍛えることは重要な要素だ。

というわけで、デザインのアイデアを火が出るほど考えて、
もうあかん、もう何も出てこない、となった時に、小説を読んでみることにした。

小説を読むのも、どっぷりとその世界に浸かれる気がするし、デザインもまた新鮮な気持ちで考えられる気がしている。
この習慣を少し続けてみようと思う。

来年の今頃には、きっと変わっているはずだ。
去年よりずっと綺麗になっていると思う。