• ATOM TANAKA

    田中亜土夢 (ATOMU TANAKA) 1987年生まれ 新潟県出身。プロサッカー選手。 高校在学中に特別強化指定選手としてJリーグデビュー。 地元チームである「アルビレックス新潟」に所属し、入団から7年目の2011年にレギュラーポジションを獲得。その後、チームに欠かすことのできない中心選手に成長。 Jリーグ200試合出場を記録した2014年シーズン終了後「どうしてもヨーロッパに挑みたい」と移籍先が決定しないまま10年在籍したアルビレックス新潟を退団。 2015年2月フィンランドの強豪「HJKヘルシンキ」へ入団。背番号は「10」。 リーグ初の日本人選手の入団を地元メディアは「史上最高の外国人選手がやってきた」と大きく報じた。 デビューシーズンから「BEST ELEVEN」、メディア選出の「STAR PLAYER」(年間最高ポイント選手賞)を受賞し、多くの人に「なぜだ?」と言われながら旅立った挑戦に答えを出した。 2016年UEFAヨーロッパリーグ予選・イエテボリ戦(スウェーデン)で骨折しながら叩き込んだ1ゴール1アシストなど、記録にも記憶にも残る活躍を続けている。 [ 田中亜土夢オフィシャルウェブサイト] http://tanaka-atom.com/

Sauna /「sauna-サウナ」という言葉は世界中で知られている唯一のフィンランド語。

みなさんはフィンランドといえば何を思い浮かべるでしょうか?
僕はサウナ。
フィンランド人にとってサウナは生活に密着したとても大切なもので、健康法のひとつと考えられています。公共サウナに行くと、小さな赤ちゃんからご年配の方まで沢山の人々がサウナを楽しんでいる姿に出会います。サウナの中で会話を楽しむのもフィンランドのスタイルで、時には隣に座ったおじさんと意気投合することもあります。これも魅力のひとつ。サウナは人と人とが密になる大切な場でもあるのです。
フィンランドに来て、住む物件を探している時に、多くの物件にサウナが付いていることにはとても驚きました。

   

一軒家はもちろん、集合住宅では共同サウナが付いていたり、各部屋に個別のサウナが付いているものも多くあります。これは、日本で浴槽が備え付けられているという感覚に似ているのかもしれません。それぐらい普通の事。

自宅のサウナの後にタオルを巻いてベランダで涼むフィンランド人の姿も多く見かけます。僕も真似をしてみたら、なんとも言えない気持ちの良さで、すっかり虜です。氷点下の真冬のベランダがまた最高!ちなみに、フィンランドのサウナは日本のサウナと違って温められた石の上に水をかけて温度を調節します。これを「Löyly-ロウリュ」と言います。熱とともに蒸気が発生するので、とても快適です。

フィンランド人の多くは夏休みになるとサマーコテージに行き、サウナやBBQを楽しみます。海や湖の周りのサマーコテージにはもちろんサウナが付いていて、サウナに入った後は海や湖に裸で飛び込み、お酒やBBQを楽しみます。最高の贅沢です。

チームの仲間たちともコテージを借りてみんなでBBQやサウナを楽しみます。フィンランド人は、当たり前のようにお酒を飲みながらサウナに入るのですが、慣れない僕は酔いが回ってしまい途中で断念。フィンランド人にとっては当たり前の習慣も日本人の僕には難易度が高かったようです。
僕のチームにはさまざまな国の選手がいますが、サウナでの交流を通して皆の関係が密になっていくのを感じます。裸の付き合いを超えたものがサウナにはあるような…そんな気がしています。