• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ドミノ式

ドミノ倒しは、一気に倒すために、ひとつずつひとつずつ並べていく。

もともとは別のゲームのものにつくられたものだったみたいだけど、どちらかというと、並べては、倒すという作業のほうが普段使いなドミノなきがする。

最近、よく頭の中でカタカタカタとドミノが倒れていく様を想像するのだけど、

何か現実で起こっていることも、ドミノ倒しににていて、ひとつのきっかけで、ひろがっていくことがあるように思う。

何個かのプロジェクトを平行して進めているときもそうで、全部に対してあぁでもないな、こうでもないな、どうしよう、といいながら、ひとつひとつのドミノを並べていって、あるとき、それのなかのひとつが、カタッと倒れたら、カタカタカタカタと他のものも巻き込んで進んでいくような。

そのカタッというひとつめが倒れかけた時の快感がやめられなくて、楽しいなぁと思う。

あぁドミノ。