• スズキリ

    1993年7月7日生まれ、テキスタイル育ちのデザイナー。アダ名はスズキリ、屋号はネクトン。釣りと魚が好きすぎて、寿司のブランドを立ち上げ中。 https://twitter.com/suzukiri_s

自分で釣ったマグロを味わう!久米島のパヤオに挑戦

こんにちは、スズキリです。

釣りとデザインのことを書いていきます!なんて最初に言ったはずが釣りのことばかり書いていますね。そしてすみません、今回もまた釣りの話です。

 

マグロの楽園?久米島

 

さて、遡ること5年前、友人に誘われて久米島に行きました。もちろん観光ではなく4泊5日で朝から晩まで釣り。釣りをしない人には「観光とかしないの?勿体無い……」と言われますが僕からしたら普通の旅行は「釣りしないの?勿体無い……」と思ってしまいます。

久米島がマグロの釣りで有名なのは知っていましたが、当時僕たちは10代。高価なマグロ用の道具を買うのは難しく、島の周辺で釣りをしていました。

橋から見えたマンタ

 

釣りをしていると、よくマンタやウミガメが通ります。

 

ガーラ

 

高級魚、タマン

 

モンガラハギ

 

ハワイでフムフムヌクヌクアプアアと呼ばれている、モンガラハギ。

 

沖に出なくてもかなり楽しめたので、散策をしたり

ロマンチックな雰囲気

 

砂にロマンチックな落書きをしながら過ごしていました。他にどんな釣り場があるか調べていると、久米島で面白い釣りのブログを書いている人を発見。しかも、今泊まっているホテルで働いているとのこと!

それが「久米島FISHING ISLAND」のぼびいさん。早速会いに行ってみると快く迎え入れてくれ、一緒に釣りに行ったり、釣りたてのイカをご馳走になったりしました。

島で釣れる魚やマグロが釣れるパヤオ(人工的な魚礁)の話を聞きつつ「マグロ、いつか釣りに行ってみたいですね〜」とは言ったものの、まさかそれが現実になるとは思っていませんでした。

 

そして数年後…

 

隣にいるのは当時大学助手だった、たかすかさん。

 

本当にマグロを釣りに行く船に乗ってしまいました。

ぼびいさんのお誘いで、Sさん、Fさん、そして当時大学助手だったたかすかさんと共に漁船「太一丸」でマグロを釣りに行くことに。

その時の様子はぼびいさんのブログをチェックしてみてください。

 

動画もあります。マグロの引きの強さに腰が負けていますね……。

 

4kgくらいのマグロ

 

小さいながらも数匹マグロを釣り上げることができました!みなさんありがとうございました!

 

釣れたマグロは東京に送り、前回紹介したサーモン同様、寿司職人(?)やぎさわ氏に握っていただきました。

赤身とは思えない美味しさ!

 

とても楽しい釣りでしたが、道具を貸していただいている、筋力不足で満足いくやり取りができなかった…など反省点も多かった初めてのマグロ釣り。

少しずつ道具を買い集め、筋トレと走り込みをし、マグロへのリベンジを誓いました。

 

さらに数年後…

 

再び太一丸へ

 

道具を買い揃え、ちょっとムキムキになりリベンジしにやって来ました。おそらく筋トレ方法を間違っており、完全に「ステ振り間違えた人」的な体型になってしまいましたがもう後戻りはできません。

コンパクト!

 

色々な釣りをするので道具も多めに。上から順にフィッシュマン/ブリストゴーテンとメガバス/パガーニP300L。スミス/オフショアスティックWGJ WGJM3-55Mとテイルウォーク/クロシオ33PGX。ツララ&冒険用品/ジェットセッター71Sとシマノ/14ステラ2500HGS。

本来は釣竿を飛行機で運ぶ際は「バズーカ」なんて呼ばれる身長より大きい筒状のケースを持ち歩くことにあるのですが、煩わしいので折りたためばスーツケースに入る竿だけで揃えています。荷物はコンパクトに行きたいですよね。

FISHMAN/BRIST5.10LH、AVET

 

色々持ち込みましたが、今回主に使ったのはこちら。リールは頂き物のアベット。ロッドはフィッシュマンのブリストという本来はバスなどに使われる竿。やや無茶な使い方ではありますが100g台のジグなら扱えます!

大きい魚を狙うなら餌釣りが有利ですが、メタルジグと呼ばれるルアーを数百メートル落とし込むジギングと呼ばれる方法で釣ります。ここは好みの問題ですね。200g、300gといった重いルアーを100メートル200メートルと落とし込む訳ですが、水圧のせいで引き上げてくるにもかなりの体力を使います。釣りをしない人に説明したら「苦行じゃん」と言われました。

 

トップでカツオ!

 

キャスティングでまず釣れたのはカツオ!3kgくらいで食べごろサイズです。

幸先いいスタートで気分良く釣りをしていると強烈な引きが!筋トレのおかげか、スムーズにやり取りできています。水面まで上がってきた魚を見ると…明らかにデカい!

 

12kgオーバー!

 

フォトショで合成したかのような異常な体高!人生最大、12kgオーバーのメバチマグロでした。

この後も好調で、5〜8kgほどのマグロを5本ほど上げました。釣りが終わっても体力にはまだまだ余裕があります。仕事終わりに毎日走り回っていたおかげだ……!

 

はみ出てる

 

クール便最大サイズの発砲スチロールに収まりませんでした。デカすぎる…。久米島は空港にクール便対応の輸送会社があるため釣った魚を送ることができます!3日ほどで到着するので、少し寝かせた一番美味しいタイミングで届くのが嬉しいところ。この魚は株式会社ウミーベに旅立ち、マグロパーティーが開催されたそうです。

 

久米島には魚の持ち込み可の飲食店があります。予約の数時間前に魚を預ければ、夜までに料理しておいてもらえるんですね。

余韻に浸りながらシャワーを浴びたり道具の手入れをしたり……サッパリしたところでお店に向かうとご覧の通り!

 

 

ありがとうございます!!!!!!

さっき釣ったばかりの魚で刺身盛り、寿司が盛りだくさん!

 

ミーバイの刺身盛り

ガーラ(カスミアジ)の刺身盛り

 

釣れた魚によってその日の夕飯が変わるんですね。別日はこんな感じ。魚好きにとっては天国です普段はなかなか休める日が少ないので、頑張って働いて久米島に癒されに行くようになってきました。笑

 

久米島は他の離島と比べると比較的安く行けることが多く、釣りをしない方にもオススメの場所です。観光スポットを巡りたい!という人には向いていないかもしれませんが、のどかな島でのんびり過ごしたい人にはピッタリです!

夏の旅行、どこに行こうか迷っている人はぜひチェックしてみてください。マグロを釣りたい方もぜひ!

==================================
鈴木龍之介(スズキリ)
1993年7月7日生まれ、テキスタイル育ちのデザイナー。アダ名はスズキリ、屋号はネクトン。
釣りと魚が好きすぎて、寿司のブランドを立ち上げ中。

Twitter https://twitter.com/suzukiri_s

==================================