• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

みぎとひだり

LRみぎひだりみぎをみて渡りましょうと小学生のころに教わった。

日本は左車線だから最後にだめ押しで右を見て、それでもいけると思ったらようやく渡れるということに、ふと(ようやく)気がついた。

海外で右斜線だったらひだりみぎひだりなのだろう。

右手を使うと左脳が活発になって、左手を使うと右脳(芸術脳)が活発になるという話をきいてからというもの、箸を使うときには左手を使おうと心に決めた10数年前。ペンはさすがに無理だった。親からの反対もなんとか押し切って、左手を使いつづけている。

 

BREWを書くようになって、毎日更新を宣言したものなので、なんとか、なんとか続けるべく、いろいろと考えて、文章を書くのはたぶん左脳を使っているのだろうけど、デザインの仕事の方もなんとなく整理されているような気もしていて、お、これはなかなかいいぞ。という感じです。

右と左を行き来して、うまくバランスがとれているような気がします。(今だけかもしれない。)

あたらしいことをはじめてみるもんだ。

 

光があって影があるみたいに、片側からみえるものにはきっとその反対もあるのだろうし、ひとつの方向に行き過ぎればその反対側への距離も遠くなる。

何事もきっとバランスが大事です。