プロジェクションマッピングが実施しやすくなった!その理由とは

プロジェクションマッピングをしたかったのに規制の問題で実現できなかった、という事例は過去多くあります。しかし、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、今年度からプロジェクションマッピングが実施しやすくなりました。
今回はなぜプロジェクションマッピングは実現しやすくなったのかをお話ししていきたいと思います。

 

なぜ実施が難しかったのか

従来の規制は各自治体が「屋外広告物法」に基づき定めている条例でした。
例えば、街路樹や電柱、石垣には広告物を表示することができない、音や光が周辺環境に漏れるなどのことがあるため周辺景観への配慮をしなければならない、宣伝や広告的な映像は避けなければならない、表示面積の制限、などといった様々な制約がありました。

 

今年度から何が変わったのか

国が自治体の指針となるガイドライン「投影広告物条例ガイドライン」が公表されました。
禁止地域の緩和や、宣伝や広告が含まれても一定程度の公益性があれば規制の適用除外になるなど、屋外広告物ではなく、プロジェクションマッピングに合わせたガイドラインになりました。

・ 国土交通省 投影広告物条例ガイドライン
http://www.mlit.go.jp/toshi/townscape/toueikoukoku.html

 

ますます身近になるプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングをあちこちで見かけるようになったものの、街中では見ることが少なかったように思います。今回のガイドラインの緩和は今後大きく影響が出てくるでしょう。
プロジェクションマッピングが、ますます日常的なものになっていくのが楽しみです。

 

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作による広告デザイン。
うさぎやねこのキャラクターのLINEタンプも販売中。

HP : http://nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://line.me/s/shop/sticker/author/1662

=======================

桐谷美玲、黒木華、中川龍太郎・・・次の時代を作るのは?

今回は活躍する同世代の話をしたい。
これは、身近にいた同級生の話でもある。

小学生の時、関東からとてもシャイで細い女の子が転校してきた。
とてもじゃないけど大阪の空気に馴染めるような感じがする子ではなかった。

シャイな彼女だが徐々に学校に溶け込むと女子の前では本当に明るい姿をよく見かけた。
意外と明るいんやな〜と思っていたが男子が苦手なのか男子がいると話さない。笑

僕は塾も同じで自宅のピアノ教室にもその子が通っていたから、中学になっても会う機会は多かった。
成績優秀で僕からしたら典型的なガリ勉タイプに見えた。
メガネ、シャイ、成績優秀…関連づくイメージはそんなところ。

中学に入っても男の影を感じたことはなかった。
ただ、女子の間ではメガネを外すとめちゃくちゃ可愛い!と言われてはいた。

その子が中学の途中に関東に引っ越しをしてから少し経つとある噂を聞いた。
「モデルを始めたらしい」
そんな噂が地元に流れたと思っていたらいつの間にか良く知ってる雑誌に彼女が出ていた。

そこからは皆様もよく知っている通り「桐谷美玲」という女優が日本に名を知らしめていった。
ガリ勉女子だったあの子がいつの間にかとんでもないところまで。
「すげーな」
本当にそれしか思わない。

同世代の活躍は昔は他人事で、ただ同世代だし、同級生だったからなんとなく頑張って欲しいぐらいの気持ち。

そんな時に今度は高校の同級生の名前をメディアで耳にするようになった。

「黒木華」
正直僕の中では、印象は薄い。演劇部のあの子か〜というぐらい。
高校は進学校だったため、みんな本当に真面目で優等生。
そんな中、彼女は静かに演技の腕を磨いていたのか。
今や、映画やドラマで活躍する人気女優となった。

人は本当に変わるんだな・・・とそこでも他人事のように思っていた。

いつからだろうか?
自分はこのままで良いのかと自問自答するようになった。
比較するのもおこがましいだろうが・・・。

そんな中、友人で同い年の中川龍太郎が映画監督としてモスクワ国際映画祭にてW受賞というニュース。
完全に火がついた。

次の時代を作るのは僕たち世代。
僕もその一人。
同世代の仲間がこれだけ活躍しているのに、僕はどこまで自分を追い込んで努力できているだろうか?
彼らと同じ時代を作るためにもっと走らないといけない。

同世代の全ての人が次の時代を作る。
僕らの活躍なくして新しい時代はこない。
全ての同世代よ、一緒に時代を作ろう。

#時代は僕らが作る

同世代のモデルやスタイリストたち。僕たちはこれからの時代を作る仲間

 

===============================

◉柳父豊(ヤナブユタカ)
”モダンジェントルマン”
1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。2014年にお洒落賃貸不動産「R-STORE」や”泊まれる本屋”「BOOK AND BED Tokyo」などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として立ち上げる。2018年より「WASH&FOLD」を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。
“これで良いではなく、これが良い“という審美眼を日々磨いている。座右の銘は「欲望と情熱と美学」で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士”モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。
▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/

===============================

結婚式準備で見えてくるふたりの「価値観」と向き合う

北海道も徐々に夏めいてきて、日差しが心地よい日も増えてきました。
そんな夏らしい気候になると、以前担当したカップルさんのことをよく思い出します。

いまの時代、とっても便利になりました。
気軽にSNSでその後の結婚生活を知ることができて、投稿を見るたびに幸せな気持ちになっています。本当にうれしいことです。

元気そうなおふたりの様子、新しい家族が産まれたこと、お子さんの日々の成長。
みんな、結婚すると誓ったその日から始まった結婚生活の続きです。改めて人の人生に関わる「すごい日」をお手伝いしているんだなぁと、近況を知るたびに、身が引き締まります。

当たり前ですが、結婚式はこれから始まる幸せな結婚生活の「きっかけ」であるべきなんですよね。結婚式はゴールではなく、通過点。「結婚式の準備期間」を通して、ふたりがもっと夫婦として絆を深められるように。プランナーからは第三者としておふたりの本音を引き出すことをちょっぴりお手伝いする。

結婚式の中身の相談をすることだけが準備でもないし、結婚式だけ組み立てていればいいわけでもなく。ふたりがこれからのの幸せを考え、改めてふたりのきずなを深めるきっかけにしてもらえたらと思っています

 

結婚とは価値観を認めあうこと

結婚を決めたばかりのおふたり。よく喧嘩をします。お互いの価値観の違いに触れて苦しむことも多いようです。恋人同士のときはそんなに喧嘩をすることなんてなかったのに、どうしてなのでしょうか?
きっとそれは、結婚式に向き合うことで、お互いの本音や価値観に向き合わざるを得ず、お互いの新たな一面を知って受け入れるのに時間がかかってしまい、喧嘩になってしまうんですよね。

人は誰しも「自分のことを理解してもらいたい」と思っているはず。でも、結婚とはそもそも自分のことを理解してもらう以上に相手のことも理解しなければいけない。結婚を決めたばかりのふたりはまだお互いのことがわからないことだらけで、まだ絆としては未完成なのかもしれません。

価値観とは過去を丁寧に見つめること

結婚するにあたり、自分と相手との間で違う部分が明らかになった時、どうすればいいのでしょうか。価値観の違いと片付けたり、私はこの人とここが違うんだと割り切るのは簡単ですが、せっかく一緒になったのだから認め合って生きていきたいですよね。

たとえば、相手の育った環境や置かれている立場などの情報をできる限り引き出して、「相手がそう思った理由」を中心に話を聞いて理解すること。なぜそう思ったのかをしっかり話をすることで、一度は理解できなかった価値観に共感できるようになるかもしれません。

価値観とは、過去の経験の積み重ねで出来上がった、自分の考え方の基盤。いろんな選択肢を経て、結婚という日を迎えたおふたりが、結婚式というよい機会を通してお互いの過去を知ることをもっと楽しんでもらえたらなと願っています。

 

マリッジブルーに負けないで

いろんな新郎新婦さんを対応していると、マリッジブルーかな?と思うおふたりによく出会います。

もちろんマリッジブルーといってもいろんな悩みの集合体なのでひとそれぞれ状況は違うのですが、原因はやはり、価値観の違いのすり合わせ作業からくるものかなと思います。
結婚して新しい家族を作るという、新しいことにチャレンジしているのだから当たり前です。

そんな時は、なんとなく浮かない気持ちでいるよりも、互いの価値観を理解し合える大切なチャンス!と思って、結婚式の準備を楽しんでもらいたいです。

そんな私も、結婚式の準備中はブルーになったり、旦那と喧嘩したり、親ともめたりいろんなことがありました(笑)でもそのおかげで今がある。本当に、よかったなぁと今となっては、思っています。結婚式をしてよかったです。

懐かしい・・・もうすぐ5年になります。

 

今日は価値観の話から、マリッジブルーの話をしましたがこの辺で。ではまた。

 

 

 

Special thanks
photo by クスミエリカ(1枚目・2枚目)/うさぎとカメラ(3枚目)/NAO(Fotoco)(5枚目)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
荒井さやか(http://www.ccsw.jp/
1984年5月21日生まれ。北海道札幌市のフリーのウエディングプランナー。ふたりらしいオリジナルウエディングをプロデュースするCoco style WEDDINGを運営している。結婚という人生の節目に行われる大切な通過儀礼「婚礼」をきっかけに、改めてふたりらしさを引き出しながら今後の人生に役立つ糧を提供することが 私のミッション。

twitter▶ https://twitter.com/araisayaka

Instagram▶ https://www.instagram.com/cocostylewedding/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この作品のココが好き -架空の世界を成立させる描き込み-

こんにちは。
モンスターズ・インクが好きなmimomです。
何の脈略もありませんが、更新3回目にしてネタが尽き気味なので、間々で好きな作品のココが好き!という話をしていきたいなと思います。

vo.1はモンスターズ・インク。

架空の世界を成立させる、丁寧な描き込みが好き

 

ご存知ピクサーの名作、モンスターズ・インク。
人間界の子どもの悲鳴をエネルギーとして提供する架空の会社=モンスターズ・インクと、そこで働く脅かしのプロ=モンスターたちの働きっぷりや生活を、納得感を持って観せてくれる細かな描き込みは、観る度に感動します。自分で架空の世界を描くようになってからは、さらに意識して観るようになった作品でもあります。

一番好きなのが、絶叫フロアでの仕事シーン。
モンスターが窓口でその日に脅かす子どものカルテを受け取るところから始まり、悲鳴エネルギーを確保するまでの流れを描いた場面です。

約3分の短いシーンですが、ここに登場する小物や機械がとても丁寧に描かれていて、仕事のシステムとしてもキチンと成立して見えるので、あぁこうやってモンスターたちが毎日働いているんだ〜と納得でき、一気にモンスターの世界に引き込まれます。


個人的な萌えポイント3つ▼

● カルテ
ターゲットとなる子ども一人一人にカルテがある。開くと、子ども部屋の図面がクリップで止めてあり、そこにモンスター界と人間界を繋ぐドアから子どもが寝ているベットまでのルートがメモされている。子どもの顔写真がテープで貼ってあるのは、たぶん、ターゲットの子どもを間違えないように。

そしてドアの鍵。金属の鍵じゃなくてカードキーなのが、システム化された会社っぽさがある。カードをスキャンした日付がスタンプで記録されているのもいい。その押し方が雑なところも、担当者の性格を感じられて最高。

● ドアフックの”M”のエンボス
子ども部屋のドアは金属製のフックに吊られているのだけど、このフックにさりげなく社名の頭文字「M」がエンボスで入っていて、これが萌える。印刷じゃなくて、フックを設計している時点でロゴを入れているってことがなんかもう…グッ!映るのは一瞬でほとんど目立たないけど、こういうこと1つで会社でありエネルギー工場であるという設定の説得力が増す。

● 会社のロゴ入りグッズ
モンスターたちが社内で使う様々なものに、会社のロゴがプリントされている。特にポットなんか、別にロゴが入ってなくてもいいのに会社で作ってみたから皆なんとなく使ってるのかな…とか妄想が広がって楽しい。人間界にもあるある、みたいな。

1つ見つける度に好きになる、散りばめられたキャラ要素

 

モンスター界の日常生活品にも、たくさんのモンスター要素が入れ込まれています。
3度目に観て初めて気付く程のさりげないものもあって、1つ見つけるたびに作品が好きになります。


モンスター顔の製品たち
マイクとサリーの出勤シーンでまず気づくのが、車やラジオ(いや、スピーカーかな?)がモンスター顔になっていること。人間界では親しみを感じさせたい機械に(特にロボットに)目や口を付けたりするけど、同じ感覚なのかな。

● テープカッター
鋭い2本の牙は用途はなくて装飾なんだけれど、これはテープを牙で食いちぎるテープカッターモンスターをイメージしてるのかもしれない…と勝手に思っている。会社だけじゃなくてマイクとサリーの家にもあるから、モンスター界で最もオーソドックスなデザインなのかも…と妄想が止まらない。

● イス
モンスター界のイスやテーブルは、脚が必要以上にあるものがいくつか。特にキャスターが360度みっしりと付いた事務イスは、ちょっと不気味だけどキュートなモンスターそのもの。

● 配管のネジ
部屋や工場に張り巡らされた配管のネジ1本1本が、牙の形をしてる。…全然必要ないのに!牙である意味、全く無いのに!!この、とことんやる感じ、堪らなく好きだ…!

・・・

話の終わらせ方を見失ってしまった。

ストーリーの伏線になる描き込みもあれば、配管のネジのようにストーリーには全く関係ないけど世界観を強固にする描き込みもあり…。その両方があり立ち上がってくるモンスターの世界にワクワクが止まらないし、自分もそんなワクワクできる世界が描けたらといつも思う。

とにかく架空の世界をやりきっている(製作サイドが楽しみきっている)のが最高に好きな作品です。

=======================

mimom

*記事に関する質問箱を作りました。
質問・感想などいただけますと励みになります。
https://peing.net/ja/m_mimom?event=4

=======================

学生クリエイターをサポート。クマ財団の2期生が決定!

今回は、少しだけお仕事の話を。

以前、自己紹介の記事で、こんな内容を書きました。

現在、事務局運営をしている、公益財団法人クマ財団では、25歳以下の学生クリエイターに対して「クリエイター奨学金」という給付型奨学金を給付しています。彼らの創作活動の「伴走者」となって、1年間活動をサポートするという仕事。昨年一緒に活動した1期生50名に続き、今まさに2期生の絶賛選考期間中!

と、まあ、つまりアレです。現在、超絶バタバタしております笑

ご興味あればサイトをのぞいてみてくださいませ。

このバタバタの時期がようやく終わり、クリエイター奨学金の2期給付生50名が、ついに決定!

写真は、6月1日のキックオフイベントでのもの。

2期生に加えて、昨年度給付の1期生、ゲストのみなさまも一緒に!

当日のイベントの様子はこちらからご覧になれます!

この中から、将来の日本、世界を背負って立つクリエイターが生まれていく。

そう考えると、すごくワクワクします。

この日は、全国、海外から(!)東京、秋葉原にあるメイカーズスペース DMM.make AKIBAに集まりました。DMM.makeさんには、昨年からクマ財団の学生に対して、制作場所のご提供をいただいている関係でもあります。

今後も、丁寧に活動へのご理解、ご協力を得ながら、学生クリエイターを支援する「輪」を少しずつ少しずつ大きくしつつ、その距離感を縮めていきたい。応援したい学生クリエイターや作品、クリエイティブが見えやすい世の中になってほしいと思っています。

学生クリエイターがどうしたら自身の活動をやりやすく、そして続けたいことを続けられるようになるのか。日々、彼らとのコミュニケーションの中で探っていきたいと思っています。

これまで「好きなこと」を「好きなだけ」続けてきた学生クリエイターのみなさん。

社会人としての年齢だったり、学校卒業などの要因で好きなこと(才能)を止めてしまうのは、とてももったいない。

奨学金というサポートを利用しつつ、その期間に何か次につながるきっかけをつかんでほしいと思っています。

2期生のメンバーは、これから夏、秋に2度の合宿を行い、50人それぞれの異なるクリエイティブや人との出会いに刺激を受けつつ、制作を行っていきます。また、来年3月にはエキシビション(作品展)も予定しています。

それまでの間には、学生の個展などにも個人的に足を運び、一人一人の声をレポートしていけたらいいなと思っています。

ぼくは、世の中に奨学金や学生支援の財団は数多くあるし、それら全部が本気で動き出したら世の中がガラッと変わると思っています。

ぼくらは、そのほんの小さな一歩。

クマ財団が少しでも学生の目線に立って、活動に必要なものはなんだろう?と本気で考え、世の中にそれを形にして「アウトプットしていくこと」が次につながると思っています。

今月末には、50名のプロフィール紹介などもアップ予定です!(リンク先に追加の予定!)

クマ財団の今後の活動を、どうぞお楽しみに!

3月開催、KUMA EXHIBITION 2018にて

部屋が開かない!ホテルのルームキーにまつわるトラブルの対処法

 

あなたはホテルに泊まった時、ルームキーにまつわるトラブルを経験したことはありませんか?

「ルームキーを無くしてしまって部屋に入れない!」

「ルームキーを家に持って帰ってきてしまった!」

「ルームキーが動作しない!部屋が開かない!」

そんな時は、慌てなくても大丈夫。

こういったトラブルにどう対処すればいいのかを、元ホテル勤務のあべゆきが解説していきます。

 

ルームキーを無くして部屋に入れない時

ルームキーには2種類あります。

一つ目がカードキータイプ。

二つ目が鍵穴に入れて回す、アナログのタイプです。

最近では、カードキータイプの方が主流になってきていると思います。

 

「ルームキーを外出先で無くしてしまった!」または「部屋の中にルームキーを入れたままロックがかかってしまった!」

そんな時は、フロントのスタッフに再発行を頼みましょう。

その場合、身分証明書を提示するように求められます。

なぜ身分証の提示が必要なのかというと、

もし全くの第三者が部屋の前でルームキーを拾い、たまたま通りかかったスタッフに「これ私の部屋のキーなので開けてください」と言って開けてしまったらどうでしょうか。

嘘をついていくらでも私物を盗んでしまえるのです。

なので、もし身分証明書が部屋の中にしかないという時は、スタッフがわざわざ一緒に部屋まで行き、身分証を確認します。

それくらい、セキュリティについては神経を尖らせなければいけないのです。

また、ルームキーには磁気で情報が埋め込まれています。

もちろん指定された部屋以外では開かないようになっており、再発行すると前のルームキーは使えなくなります。

 

チェックアウト後に持って帰ってきてしまった場合

「しまった!ルームキーを返却し忘れていた!」

これも実はよくあることなのです。

でも実際のところホテルのフロントスタッフは、ルームキーが1枚や2枚無くなっていたところで、そもそも気づかない場合が多いです。

なのでチェックアウトの時にルームキーを返し忘れてしまっても、それほど大きな問題にはなりません

ごくたまに、丁寧に再度ホテルに来て返却してくれる人や郵送で送ってくれる人もいますけどね。

 

ルームキーが動作しない場合

 

カードキータイプのルームキーの場合、差し込むタイプのものとセンサーでかざして開けるタイプのものと2種類あります。

センサータイプは簡単に開くのですが、差し込むタイプのカードキーだと、1度抜き差しした位では開かないことがありますよね。

そんな時は、ゆっくり抜き差しをすると、開く場合があります。

または差し込み口にホコリが溜まってる場合もあるので、息をフッと吹きかけると開く場合もあります。

 

それでもどうしても開かない場合は、

①磁気に入っている情報が間違っている

②携帯電話などの電子機器と一緒にしてしまい、中の情報がバグった

③差し込み口の機械の電池が切れてしまっている

のいずれかが考えられます。

いずれの場合でも、その際はホテルスタッフに申し出て、ルームキーを新しく作り直してもらうようにしましょう。

 

ホテルにはマスターキーというものが存在する

 

私がホテルでベルガールとして働いていた時には、マスターキーと呼ばれるホテルの全部屋の鍵を開けられるカードキーがありました。

そのマスターキーは、紛失すると全部屋の鍵を変えなければいけないという大問題に発展するので、私たちベルガールも部屋に入らなければならない用事がある時しか携帯してはいけませんでした。

 

たまに館内で起きるのが、マスターキー紛失事件です。

関わったスタッフ全員に確認が取られ、見つかるまで帰ることができません。

多くの場合は、誰かが間違えて制服のポケットに入れたまま帰宅してしまっているんですけどね。

 

いかがでしたでしょうか。

ホテルのルームキーにまつわるトラブルのあれこれをご紹介しました。

ルームキーはしっかりと無くさないところに携帯して、快適なホテルライフを送ってくださいね。

【前半】震災から7年。石巻で感じたこれからの未来。

宮城県石巻市のCOMMON-SHIP橋通り。

石巻は堤防を整備したり、復興後の街づくりの最前線です。

地域クラウドファンディングFAAVO、東北地域担当の照井です。

5月11日、宮城県石巻市にお伺いし、クラウドファンディングが成功した「COMMON-SHIP橋通り」を視察させていただきました。

※石巻に関する内容は前半と後半の二部構成。前半はクラウドファンディングの取り組み、後半は石巻のこれまでとこれからの地域づくりについてまとめます。

今年2回目の石巻。まだ肌寒い3月初旬に訪れて以来でした。当日はもうだいぶ気温が高く、東北にも春がきたと感じさせる素晴らしい天気でした。

3月に足を運んだ際にはチームメンバーの紹介で石巻市内の街づくり会社である株式会社街づくりまんぼうさんをご紹介いただき、ご挨拶とクラウドファンディングプロジェクトの打ち合わせを行いました。

担当の苅谷さんと打ち合わせをし、その場で企画内容が定まり、すぐにプロジェクトを構築。素晴らしいスピード感だったと思います。

株式会社街づくりまんぼう
街づくりまんぼうは、石巻を元気にするために2001年に石巻市と市民との出資で設立された株式会社です。
石巻市中心市街地の活性化・復興に向けて、石ノ森萬画館の運営(指定管理業務)、マンガ関連グッズの販売のほか、中心市街地でのイベント企画、まちづくり支援などを行っています。
街づくりまんぼうウェブサイト:http://www.man-bow.com/

プロジェクトの内容に関してはFAAVO宮城のプロジェクトページをご覧ください、とても思いのこもった素敵なページに仕上がっています。

石巻で老若男女が集えるCOMMON-SHIP橋通りにステージを作ります! https://faavo.jp/miyagi/project/2678

 

COMMON-SHIP橋通り
石巻に移住し飲食店を開業したいと考える人たちのチャレンジショップとして、平成27年に2年半の期間限定で橋通りCOMMONをオープン。平成29年11月にクローズ後も復活を望む声が多く、COMMON-SHIP橋通りとしてリニューアルオープン。飲食店に加えてステージを中心に構成され、人と人をつなぎ、多様な価値観を広げる場づくりに挑む。

3月末にプロジェクトをリリース。GW明けまでクラウドファンディングを通じて150万円の支援金を募集しました。
初期・中期の頃の伸び具合には悩みましたが、最後の伸びは素晴らしく、久しぶりにクラウドファンディングにはドラマがあると思い出させてくれるようなプロジェクトとなりました。

現地の空気感を大切にしたい。

5月8日の23時59分59秒にプロジェクトが終了し、やりとりを続けていた苅谷さんに「明後日、石巻にお伺いしても良いでしょうか?」とメッセージを打ちました。二つ返事で快く迎えてくれて嬉しかったです。

当日、まちづくりまんぼうさんのオフィスにお伺いし、街歩きをしながら今回のプロジェクトについて、そして石巻の現状について、ご案内いただきました。街歩きの詳しい内容については後半で記したいと思います。

COMMON-SHIP橋通りのステージ。

 

午前中の街歩きを経て、お昼ぐらいにCOMMON-SHIP橋通りに到着。クラウドファンディングの支援によって運営されているステージを実際に現地で見ることができて感動です。

飲食店さんのチャレンジショップが並んでいます!

県外から移住し、挑戦の場を石巻に選んだ皆さんがCOMMON-SHIP橋通りを盛り上げています。
焼き鳥やカレー、石巻焼きそば、串揚げ屋さん、現在は5店舗の思いのあるチャレンジショップが出店中。

ランチを食べに来る方、仕事終わりに仲間とお酒を楽しみに来る方、石巻の中心で多様な方々が集まり、繋がり、これからの未来のお話ができる場になっている印象を受けました。

今回はカレーをいただきました。とても美味しい!

思いを持って動くことができればきっと形になる。

街づくりまんぼうの苅谷さん。

 

苅谷さんから「実はスマートフォン持ってなかったんですよ。(笑)」というカミングアウトからスタートしました、もう笑うしかなかったです。持ってたらもっと情報発信が、広報PRが気軽にとお話しましたが、あるもので勝負するのも大切だなと思いました。レスポンスは早かったですし、電話やメッセージのやりとりではそんなことを感じることはなかったのですが。。。(笑)
なお、今後スマートフォンを購入するそうです。(笑)

苅谷さんとお話している中で以下のお話を聞くことができました。

「後半、素直な思いを率直に伝えるように発信しました。その結果、172人の人たちが支援してくれて、成功。今、全力で取り組んでいることをみんなしっかり見てくれているし、応援してくれている、それが今回クラウドファンディングというツールを通じて一つの形になったことはすごく嬉しいことです。クラウドファンディングの本質はお金の大小ではないんだということを改めて感じました。」

こういったお話をお伺いできて素直に嬉しかったです。
成果物を一緒に作りあげることができるクラウドファンディングの仕事のやりがいを感じる部分でもありますね。

苅谷さん、実は出身が石巻でもなく宮城でもないのですが、大学が宮城にあったこともあり、今は石巻に移住して石巻の街づくりに全力で取り組んでいます。
その土地の歴史的文脈や地域事情、空気感、そういったものを現地で感じ、どれだけその地域に惚れて夢中になれるかが大事なのかもしれません。

クラウドファンディングは優しい世界をつくることができる。

クラウドファンディングは1つのツールでしかありません。使い方は自由。誰もが声をあげて挑戦できることが可能で、どんな小さなはじまりでも受け入れられ、気持ちを持った人たちからの支援を集めることができます。

1億円のプロジェクト単発よりも5万円のプロジェクトがたくさんあったほうがより良い社会、優しい社会につながりやすいのではないか、そう強く信じています。
地域で小さな火を灯す、優しい世界をつくりたいと思うみなさんとご一緒できると嬉しいです。
ご相談、お待ちしております!


照井 翔登(TERUI SHOTO)

ファンドレイザー・コミュニケーションデザイナー。
地域クラウドファンディングFAAVO by CAMPFIREの東北地域担当。
地域で優しい火を灯し続ける、優しく温かい仕組みをつくっています。
FAAVO:https://faavo.jp/

Twitter:@terui27
Instagram:@terui27
Facebook:/terui.shoto


 

2,500円でサーモン山盛りゲット?開成水辺フォレストスプリングス

みなさんこんにちは。スズキリです。

ふと「魚食べたいな〜!」と思ったら、多くの場合は飲食店を検索するのではないでしょうか。ところが、釣りをやっているとだんだん「よし!あそこに行けば釣れるな……!」という発想になってきます。

昔は食材として魚が苦手だったのですが、大学に入りたての頃釣ったイナダを食べてから何かあるとすぐに「魚食べたい……」と呟くようになりました。今回も魚を求めて神奈川県・開成に行ってきました!

 

サーモンをお腹いっぱい食べたい!

 

とても身近な食材のサーモン。「トラウトサーモン」や「サーモントラウト」という名前を聞いたことはありませんか?実はこれは「鮭(サケ)」ではなく、「鱒(マス)」を品種改良した魚なんです。

鮭と鱒の違いは曖昧で説明が難しいのですが、日本でも鱒を美味しく品種改良した魚が○○サーモンという名称でブランド化されていてどれもたいへん美味しいのです。

今回は、阿武隈川メイプルサーモンをはじめ国内で美味しい鱒類を育てている林養魚場さん直営の管理釣り場「開成水辺フォレストスプリングス」で楽しく魚を釣ってきました。

 

すみません、釣り場の写真がありません。

 

楽しく魚を釣ってきました、なんて書いたばかりですがニコニコしていたらあっという間に時間が過ぎ去ってしまったため、いきなり結果から行こうと思います。

本日の食材たち

 

この釣り場はルアー・フライ専用。2,500円の3時間券を購入すると、1人3匹まで魚を持ち帰ることができます。(1日通し券を購入すると1人10匹まで!)もちろん小さな魚も釣れるので、食べごろサイズのみキープするのがおすすめです。

友達と行ったので計6匹持ち帰り。大きさは30〜50cmほどで、よく太った魚はどれもバッチリ赤身の最高のコンディションでした!これらは赤身の鱒と呼ぶのが正しいですが、今回の記事内ではサーモンと呼びたいと思います。

淡水魚の生食と聞くと不安な方もいるかもしれません。しかし林養魚場さんによると問題なくいただけるそうで、早速さばいてみました。

 

圧倒的質量

 

なるほど……。

圧倒的質量2

 

一瞬で見たこともない量のサーモンが視界に現れました。目がバグってるのかな?

見慣れた姿

 

早速口に入れてみると……サーモンですこれは!とろっとろのサーモン!

お店ではいつも食べ足りないと思っていましたが、今は食べても食べてもなくなる気配がないサーモン。いつの間にか最高の気分になってしまいました。

 

間違いない組み合わせ

 

刺身に飽きてきたら海苔で巻いてみたり……

 

淡水と海水のコラボ

 

別の日に釣ったスズキと一緒にオーブンで焼いてみたり……

 

美味しくないわけがない

 

ピザと一緒に焼いてみたり……

 

あっという間になくなってしまうやつ

 

寿司屋で働いていた友人に握ってもらい、サーモンパーティーを開催したり……

しばらくサーモンの宴が続きました。地球が来週滅びる、と言われたらまたこれをやりたいと思うくらい最高の日々でした。ありがとう……ありがとう……!!

 

もし釣れなくても大丈夫

 

そんな最高の釣り場・開成水辺フォレストスプリングスですが、比較的難しい釣り場のため初めて行った人はなかなか苦戦するかもしれません。でも大丈夫です!

サーモン丼(うろ覚えです)

 

釣り場の食堂には刺身がたっぷり乗った丼のほか、フライが乗ったカレーやマリネなど養殖している魚を使ったメニューがたくさんあります。

新宿から電車で1時間半と比較的アクセスも良好です。栃木、福島、宮城にも系列の釣り場があるので、サーモンを目指して週末の腕試しに行ってみるのはいかがでしょう!

きっといい思い出になりますよ〜。

==================================
鈴木龍之介(スズキリ)
1993年7月7日生まれ、テキスタイル育ちのデザイナー。アダ名はスズキリ、屋号はネクトン。
釣りと魚が好きすぎて、寿司のブランドを立ち上げ中。

Twitter https://twitter.com/suzukiri_s

==================================

プロジェクションマッピングの活用シーンって?親子向けイベントにもぴったり

プロジェクションマッピングをやってみたいものの、どういったときに活用するのかわからない、ということもあるかと思います。今回はプロジェクションマッピングはどうったときに活用するのかにお話ししていきたいと思います。

プロジェクションマッピングはどんな場合に活用される?

プロジェクションマッピングが活用される一番多い事例は、やはりイベントです。
集客効果があり、宣伝にもなるため、お祭りや祭典など、何か普段とは違う特別なときが多いです。
そのため、夏休みや秋祭り、クリスマスなどの時期に多く実施されています。

それから、ライブや舞台での活用は従来の舞台美術だけではできない表現が可能になります。
演者とプロジェクションマッピングの共演は人が光を操っているようなとてもおもしろい世界観ができあがります。

また、イベント以外でもその集客効果を見込み、様々な場所で取り入れられています。
結婚式場やアミューズメントパーク、飲食店などへの導入は、お客様が選ぶときに付加価値として影響してきます。
キラキラとしてSNS映えも良く、いつでも写真が撮れるのが当たり前の今の時代にも合っているのかもしれません。
写真や動画を撮りSNSで拡散されることによって宣伝効果にもなるというのは、集客の上でとても良いことだと思います。

企画次第ではお客様の参加型にすることもでき、より楽しめるかたちにもなります。

 

実際に活用するにあたっての条件

 

プロジェクションマッピングはどこでもできる、というわけではありません。
プロジェクターで投影する以上、暗さがあることが絶対条件になります。
暗さがあり、電力が確保できる場所。屋外に関してはさらに音の問題や条例などの問題もあるので、許可が取れる場所になります。

 

臨場感が出るおもしろさ。親子向けイベントにもぴったり

 

プロジェクションマッピングを実際に仕事としてやっていて思うのは、子どもの反応がすごく良いということです。親子連れをターゲットにしたイベントにはぴったりだと思いました。
また、舞台でのプロジェクションマッピングの活用は、今まで音と照明だけで補ってきたことが映画の合成のように再現でき、臨場感がでるおもしろさがありました。
まだまだプロジェクションマッピングはいろいろなシーンで活用できると思います。

 

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作による広告デザイン。
うさぎやねこのキャラクターのLINEタンプも販売中。

HP : http://nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://line.me/s/shop/sticker/author/1662

=======================

『四月の永い夢』モスクワ国際映画祭W受賞!

中川龍太郎監督『四月の永い夢』が第39回モスクワ国際映画祭でW受賞

嬉しいニュースが入りました。

中川監督は僕と同じ平成元年世代。
以前から親交がありまして、同じ同世代の活躍が本当に嬉しく思います。

今回の作品に関しても苦労話なども聞いていただけに、本作品が受賞したこと非常に嬉しいです。
そして昨日にやっと本作を劇場にみに行くことが出来ました。

予告編↓↓↓

『四月の永い夢』の感想

本当に素晴らしい作品でした。
止まった時間が再び動き出す時、悲しさもあり、そこに美しさもある。
過去を忘れるのではなく、大切な思い出として再び歩み出す勇気を持つ中で見えてくる新しい未来。
美しい世界観は歌のようでした。

同世代の応援として観た映画でしたが、お世辞など抜きに美しい作品でした。
上映後には中川監督がわざわざ来てくださいました。
びっくりしましたが嬉しかったです。


龍ちゃんへ

龍ちゃん今回はおめでとう!
同世代で応援のつもりで観に行った映画だったけど本当に素晴らしかったよ。
美しいと思うシーンがあって、頭から離れない。
これからも素晴らしい画をたくさん見せてください。

===============================

◉柳父豊(ヤナブユタカ)
”モダンジェントルマン”
1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。2014年にお洒落賃貸不動産「R-STORE」や”泊まれる本屋”「BOOK AND BED Tokyo」などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として立ち上げる。2018年より「WASH&FOLD」を運営する株式会社アピッシュに入社し社長室室長として勤務する。
“これで良いではなく、これが良い“という審美眼を日々磨いている。座右の銘は「欲望と情熱と美学」で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士”モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。
▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/

===============================