【 プロサッカー選手 田中亜土夢(HJKヘルシンキ)× コラムニスト えのきどいちろう 特別対談 】2.みんなのために

[2]

― みんなのために ―

フィンランドトップリーグの強豪「HJKヘルシンキ」で”背番号10”を背負い、今シーズンも開幕戦から素晴らしい活躍を見せた田中亜土夢選手。フィンランドに渡って3シーズン目となる今季へかける想い、さらに、フィンランドでの生活について語ります。

 

えのきど:フィンランドに来た時に目標っていうか願ったことってあるの?

亜土夢:ひとつは優勝ですね。

えのきど:王様として君臨してるような自分のチームが優勝するって、それはまた格別なんだろうね。

亜土夢:そんなに王様感は出してないですよ(笑)

えのきど:そうか、優勝なのかぁ。なるほどねー。

亜土夢:こっちに来て一昨年は3位、昨年は2位と2年連続逃してるんで、今年こそは叶えたいですね。

えのきど:アルビレックスでも最初の頃はね、試合中にピッチの横でずっとアップしてて、ひとり呼ばれふたり呼ばれ、3人目の交代選手が入っていった時に「今日も出られないのか」って表情でベンチに戻って座ってた選手だった。それが試合に出られるようになっていった。あの頃はある意味、自分の結果だけを考えていたわけですよ。プレーヤーとしての結果をまずは考えてたわけでしょ。でもここではチームの結果を自分が決めていくことになる。これはすげえな。

亜土夢:その立場にいるから優勝への思いはもっと強いですね。だから、去年のケガはへこみました。みんな頑張ってくれと思って見守ってましたけど。

えのきど:亜土夢がケガをして、チームもサポーターもこの町の人たちみんな胸がつぶれる思いだっただろうね。亜土夢はこの町の人たちに愛されてる。

亜土夢:そうだといいですね。

えのきど:先日の試合でもね、スタンドにいたフィンランドに住んでる日本人の方たちの応援している様子を見て思ったのは、亜土夢をハブにしてみんながつながってるってこと。なんかいいなあって。亜土夢を応援することで輪が出来てる。初めての日本人選手だからうれしかったんだろうね。スタンドとピッチの距離が近いんで、亜土夢も「あそこに座ってんなー」とかわかるでしょ。

亜土夢:みんなのためにって思いますね。この町に来た時に、フィンランドの日本人の方たちにたくさん助けてもらって、それが無かったら今の僕はないですね。それはホント心から思ってます。

えのきど:高校の部活っぽくてさ、好きな女の子や親にいいトコ見せよう、喜んでもらおうって、がんばることの原点じゃん。そう考えると最初のひとりが亜土夢でよかったね。最初に来た日本人選手がろくな奴じゃなかったらさ、住んでる人たちもがっかりだし、フィンランドのリーグの人も「日本人って、こんなもんなのか」って思ちゃうわけだしね。

亜土夢:責任ありますね(笑)

強豪HJKの中心として地元紙でも大きく取り上げられる田中選手

えのきど:亜土夢がヨーロッパに行ってるってことをね、日本の普通の人たちはきっと派手な毎日なんだろうなってイメージを持ってると思うんですよ。でもここヘルシンキは静かな町だし、人もあったかい。そんな町で、亜土夢はしっかり馴染んでる。

亜土夢:ホッとしますね。もう地元感がありますね。どこかへ行って帰ってくればホッと落ち着くんですよ。それは日本に行ってここに戻ってくるときにも。町が見えて来ると安心しますね。

えのきど:地元ねー。移籍して、暮らし始めて、迷いながら、わからないことがひとつずつわかるようになっていって、そうやって手探りで得た感覚ですね。最初は心配してたんだよ「亜土夢大丈夫かな」って。いい町でよかったね。地元はサッカーの基本ですからね。地元と地元が試合するのがサッカー。いいことだね。

亜土夢:このチームを離れることがあってもまたもう一度帰ってきたい町ですね。寒さはちょっとキツイけど。選手もまじめで日本人に似てる。日本、それも新潟の人とフィンランドの人…共通するところ多いですね。新潟で冬とか雪の経験があったのもよかったんでしょうね。

えのきど:でもやっぱり冬は寒いでしょ。特別なケアとかは?

亜土夢:特別にはなにも。去年の骨折はありましたけど、もともと筋肉系も傷めることがないので。逆にケアしすぎてバランスが取れなくなるのもイヤですし。

えのきど:食生活は?

亜土夢:お米は送ってもらってるんで助かってます。お米は大事ですね。新潟の出身でよかったなと思います。

えのきど:練習環境は?

亜土夢:スタッフの人数的にも技術的も日本よりも落ちますね。マッサージは大学生ですしね。

えのきど:アウェイのスタジアムは?

亜土夢:よくないですね。スタンドがメインしか無かったり、ゴール裏もなかったり。ロッカールームも小さくて古かったり。

えのきど:選手の育成は?フィンランドって言えばアイスホッケーなんだけど、サッカーでもヤリ・リトマネンとか、世界的な選手が多く出てる。

亜土夢:代表に入ってる選手はヨーロッパの他の国でやってますね。EU内なら移籍しやすいですから。それでもHJKには若い世代の代表選手が多くいます。

えのきど:日本でやったらいいんじゃないかなって選手もいる?

亜土夢:誰に話しても、日本でやるっていうのは考えの中にないんですよね。

えのきど:亜土夢を通して日本を知るんだね。日本のサッカーの事をどう言ってるの?

亜土夢:日本とアンダー代表同士で試合をしたことがある選手に聞いたら「日本人はみんな走る」って。「みんな亜土夢みたいだった」って言ってましたね(笑)

チームの地元・ヘルシンキの人々に愛され、自身も”チームを離れることがあってもまたもう一度帰ってきたい”と語るほど、充実した日々を過ごす田中選手。そんな”現在”の彼の姿は、Jリーグ時代から田中選手のことを知り、本連載のインタビュワーでもあるえのきど氏の目にはどのように映るのか──

続きはこちら