モコモコの帽子

朝からびゅうびゅうと風が吹いていて、近所に置いてある自転車たちがバタバタと倒れていく音を聞いて目を覚ました。 窓を開けるとおそらく花粉をたっぷりと含んだ生ぬるい空気が家の中に入ってくる。 もう春だなぁと思う。 気がついた… もっと読む »

ナンジャラホイ

いきなりFacebookページへのいいね!リクエストをお送りさせていただいた皆さま、急にすみませんでした。励みになりますので、是非とも何度でも、何度でも何度でもいいね〜と言っていただけると幸いです。 勢いに任せて送ってし… もっと読む »

反射

割れたiPhoneのカメラには、いろんな光が反射して、綺麗だ。 撮ろうと思ったってなかなかこんな光の筋はとれやしない。 うん、そうだ。 Shingo Kurono

バレンタインバースデー

高校生の時に、僕は野球部に所属していて、恐ろしい体育教官室の隣にあるジムスペースで筋トレしたり、くっちゃべったりしていた。 そんな時に、野球部ではないのだが、いつもそこで一人黙々と筋トレに励むKくんという同級生がいた。 … もっと読む »

ないと困るもの

ないと困るもの 甘いモノ チョコレート いちご大福 cimaiのはちみつバタートースト ユヌクレのずんだパン WESTのホットケーキとシュークリーム オーボンヴュータンのパートドフリュイ トロワのシェフのデザート全部 f… もっと読む »

茶を喫する

東京に来てから、神保町という街がずっと気になっている。 たくさんの専門的な古本屋が立ち並ぶ街だ。 自分の住んでいる地域とは少し離れた場所にあり、いつか住んでみたい気もしているけれど、なかなか踏み出せない。 文学的な、昔の… もっと読む »

暗くなった後

「とりあえず、テーブル席で、ホットコーヒーでよろしいですか?」 「あ、大丈夫です。ありがとうございます。」 とうとうそこまで来てしまった。 毎晩のように世田谷線の三軒茶屋駅のデニーズで、Macをカタカタやっているのは私で… もっと読む »

ギアをニュートラルに.

「キクスイさんのサイトでブログ書いてくんない?」 Humar.のクロノくんとヨシザキくんに声をかけられたのは ちょうど1年前くらいだっただろうか。 お酒は強くないけれど彼らには仕事でも大変お世話をしてもらっているしと受け… もっと読む »

諸行無常

そう、それは僕の手をするりと抜け落ちていった。 いつもそうだった。 気づいた時にはもう遅いのだ。 ああすればよかった、こうしておけば何も問題なかった。 そんな風に思っても、時間は元には戻らない。 そして、そこで失われてし… もっと読む »