• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

タイミング

タイミングというか、たまたまそこに居合わせることができるかどうかとか、そういうことを考えた長い一日だった。 Shingo KURONO

ひとを眺めることが好きです

ひとを眺めることが好きです。 このひとにはこんないいところもあるんだなーってまた気づくことが好きだし、 ひどいなって時も「あーこんな顔するんだ」って知ることも好きです。 眺めているといろんなことを思えて楽しいです。 一番… もっと読む »

現代の矛盾

品川駅に着き、階段を上がって目の前にあった「有名駅弁」のお店で、秋田の名物駅弁を買い、新幹線の当日券の券売機に並ぶ。 おかしいな、ということに気づいたのは、ようやく自分の順番が来て、券売機と対面した時だった。 iPhon… もっと読む »

○○な私、さようなら

今日は京都で過ごす日。 京都は私の第二の原点と言っても過言ではなく、本当に素敵な人たちに恵まれ、出会える場所。素敵な街だなぁとしみじみ感じています。 私がミス日本酒になったのもこの地でそれから3年間、多い時には月に2〜3… もっと読む »

こんなに大きくなりました

私ごとですが、32歳になりました。 これまでたくさんの方に支えられ、こんなに大きくなりました。 今年も変わらず、デザインに向き合っていきたいと思っています。 例えばオセロで縁を確実に抑えていくように、真ん中のすぐに裏返る… もっと読む »

すっぱいのかしょっぱいのか

やりすぎもやらなすぎもよくなくて、ちょうどいいニュアンスを掴むことが大事だよね、という話をしていた。 ある場所においてはやりすぎなことがまたフィールドが変わればそれじゃあ足らないということにもなる。 逆の場合もある。 そ… もっと読む »

たかが世界の終わり

「たかが世界の終わり」という映画が気になっていたので見に行ってみた。 ドラン監督は25歳の時にカンヌ特別賞を受賞した話題の監督だ。 前作の「Mommy」も見たのだけれど、感情の振り幅、描き方がすごいなぁと思う。 登場人物… もっと読む »

探してあがいていた時から

19歳からの付き合いの先輩と久しぶりに飲んでまして。   彼は俺にとって特別な存在です。19歳の俺の脳に全くなかったものを見せて教えてくれた人です。 とにかくその当時もエネルギーに満ち溢れていて、何も怖くなかっ… もっと読む »

SUNDAY

三宿のSUNDAYがお気に入りでして。     そして最近もっぱら三宿で飲んでます。 年齢層もちょうどいいし、雰囲気も、マナーも、空気感が。なんか懐かしい感じがします。バスティーユっぽいというか、カナ… もっと読む »

JITAC

先日は有楽町で開催されているJITACという生地展示会へ。 欧米の生地屋さんが出展費を払い日本で生地展示会を開催するという内容。わかりやすくいうと。 かなりプロ用の生地展示会でして、ちょっと複雑で難しい展示会です。 はっ… もっと読む »