ジャンル

ジャンルというものについて話していた。 音楽でもロックやジャズ、テクノなどなどいろんなジャンルがあるし、デザインにもジャンルがある。 近頃は服屋さんでサラダを出してみたり、雑貨が大量にあったり、便宜上作られていたはずのジ… もっと読む »

色とりどり

新宿にはいわゆる昔ながらの喫茶店がけっこうあることを知った。 たいていの場合、背が高めのグラスに入ったアイスコーヒーや、やけに赤い缶詰のサクランボが入ったレモンスカッシュが置いてある。 そこで僕は発色のいいグリーンの炭酸… もっと読む »

刷り込み

なんでもできるようになりたい。 仕事も、なんでもできるようになりたいし、その上でクオリティは妥協したくない。 そんな時に、頭の中をかすめるCMがある。忘れたい。 東海地方の方には馴染み深い、こちら。   &nb… もっと読む »

空を仰ぐ

家に戻ると玄関のドアの前に猫が気持ちよさそうに寝ていた。 最近では駐輪場の隅でお腹を空に向けて寝転んでいる姿をよく見かけていた。 3階の一番奥までよくぞ来てくれた、いよいよ僕も住人として認めて貰えたんですね、などと話しか… もっと読む »

メモリ

そのときそのときで必要なメモリと目盛りは違う。 そこがcm換算なのかmmなのか。 はたまた。

とどけ熱量

昔土曜の昼にやっていた吉本新喜劇で、おばちゃんに触られると若さを吸い取られてしまうというギャグがあった。 二十歳の子達の前で喋るおじさんは、熱量を完全に吸い取られてしまう。 ヘトヘトになって渋谷駅でJRを降りると、電車が… もっと読む »

濡れたバスタオル

夕暮れに通り雨が降り、一日中照りつけられていた木々や路上はみずみずしく輝いている。 ベランダに干されたバスタオルは、いつになったら乾くのだろう。

回る回るよ時代は回る

流行は何十年かで一周するとよくいう。 20年くらいの周期でぐるぐるグルグル回っていく。 自分の気分もその大枠の周期と別に小さな周期で回っているような気もする。 グルグルグルグル。

No title.

小さい頃、雨が降ると300円ずつポケットに入れてもらい 兄弟三人手を繋いで近くの商店にお菓子を買いに行った。 大きめだったカッパと赤い長靴を鎧のようにして。 帰って来るともちろんびしょ濡れで、 母親は「よく行って来たねー… もっと読む »

そわわ、そわわ、そわわ

いくつになっても、何度経験しても、そわそわしてしまうことがある。 心の中で、「大丈夫。ゆっくり、確実にやれば、きっとうまくいく。」 とどれだけ言い聞かせたところで、言い聞かせた分だけそわそわしていく。 そわそわそわそわ。… もっと読む »