□FEATURE. 02
特集02
おちょこカタログ2016

日本一の道具街、合羽橋道具街をめぐって見つけてきた、おちょこの数々。これぞおちょこというようなスタンダードなものから、都内のセレクトショップにありそうなおしゃれなもの、ちょっとはずしたものまで、バラエティ豊かなおちょこがみつかりました。

□FEATURE. 02
特集02
おちょこカタログ2016

日本一の道具街、合羽橋道具街をめぐって見つけてきた、おちょこの数々。これぞおちょこというようなスタンダードなものから、都内のセレクトショップにおいてありそうなものまで、ちょっとはずしたものまで、バラエティ豊かなおちょこがみつかりました。

01
GEOMATRICAL PARADE
ゆるゆるジオメトリック

ジオメトリックな直線の絵付けおちょこ4種。筆のゆるいタッチがたまらない。小振りなサイズでちびちび飲むのが愉しい。
各¥100

02
MATRYOCHICA
ぐるぐるなマトリョーシカ

おちょこの定番ともいえる蛇の目のおちょこは欠かせない。左から3勺盃、2.5勺盃、2勺盃。並べたぐるぐるに、日本酒の宇宙感を感じる。
3勺盃:¥270 2.5勺盃:¥170 2勺盃:¥150
※ 1勺は18.039ml

03
GOOD DESIGN
日本酒造組合推奨グラス

日本酒造組合が推奨するグラス。日本では鍋などの調理器具デザインで有名な世界的工業デザイナー、柳宗理氏がデザインしたもの。持ったときの下部の重みがとてもいいバランス感。ちなみに柳氏は前東京オリンピックの聖火台のデザインも担当している。
多くの人に愛されるグラス。素晴らしいデザイン。
60ml ¥300

04
ANONIMUS
ザ・アノニマスマスター

グラスのスタンダードといえばフランスDURALEX社製のPicardie(ピカルディ)。一番小さい90mlのサイズなら、ビールには小さいけれど、日本酒にはぴったりのサイズです。
6個セット ¥1,200

05
SAKE GOBLET
日本酒造組合推奨グラス2

脚付きの日本酒造組合推奨グラス。日本酒造組合は酒類の安定と発展の為に昭和28年に設立された。 65ml ¥400

06
SAKE TAMPO, NICE TEMPO
傷がついて、味が出てくる。

アルミ製のものをよく見かける酒タンポ。こちらはステンレス製。ステンレスの無機質な業務用感がいい。
他にも錫(すず)や銅製のものもたくさんありました。
¥1,500

07
BE STOIC.
薄い奴らには負けない

円形に円柱をつきさした、まるでフラスコのようなガラス製のとっくり。ストイックな形状、耐久性もよく、水のデカンタとしても使えそう。購入したお店にも残りひとつしかなく、ほかのお店では見かけなかったので、もしかしたら掘り出してしまったかもしれない。 ¥900

EXTRA.
合羽橋以外でみつけた、おすすめ

08
WE LOVE TAIWAN
台湾茶用の湯のみ

台湾茶用の湯のみはサイズ感もおちょことしてちょうどよく、口に合う部分が薄く、反り返った形をしているため、口当たりもとてもいい。

09
HO-HOKEKYO.
ホーホケキョ。

お酒を注ぐと「ホー、ホケキョ」と風流に鳴く、うぐいすとっくり。笛の要な構造で穴があいており、注ぐたびに鳴き、なんとものどかな気持ちにさせてくれる。うぐいすの声が聞きたい為にどんどんお酒が進んでしまうので要注意。おちょこは菊水酒造がオリジナルで作っている、うぐいすおちょこ。場所や季節関係なく、いつでものどかな春が訪れます。

<THE LAST ISSUE
前号はこちら

□FEATURE. 01
普段使いできるおちょこを探しに。

PHOTO: SHINGO KURONO
TEXT & EDIT: humar.