• HOMARE YOSHIZAKI

    1984年生まれ。ベンチャーの立ち上げなどを経て、2015年デザインプロジェクト humar.(ユーモア)に参加。ヤリタイベースで色々な物を作ったり事を起こしたりしてます。

選択と集中ができない男

僕は誰も出会ったことのない体験に飢えている。 例えばなんだろうと考えたが、口に出した瞬間に陳腐になりそうだ。 僕にとって特別な体験が、他の誰かに当てはまるかなんてわからない。 ペルソナ設定して架空の人間を作り出しても実際… もっと読む »

子供の想像力

子供の制限のない想像力に惹かれることが多い。 先日実家に帰ったときに押し入れに入っていた、 昔自分が水彩画で描いていた絵を見たが、ちょっと頭がいかれてるんじゃないかと 不安になるぐらいのものが多かった。かっこよく言えば前… もっと読む »

価値のあるモノ、価値になるモノ

モノの選び方は人それぞれだ。 世間で評判だから、それがないと生活できないから、 趣味や仕事で必要だから、大切な誰かに喜んで欲しいから。 理由は様々。 哲学者プラトンのイデア論を読んでいてモノについて考えることがあった。 … もっと読む »

引越しはエモーション

思えば引越しの多い人生だ。大阪、愛知、東京で計7回。 そして今週末、上京してから10年間過ごした街を離れる。 10年も経つと少し感慨深いものがある。 22歳からの10年間は本当に酸いも甘いも知った。どちらかというと酸いの… もっと読む »

甘さは塩で引き立つみたいなこと

スイカに塩をかけて甘く感じさせることを対比効果という。 わずかな塩のしょっぱさを先に感じることで、スイカの甘みが引き立つらしい。 実質的には甘くなっているわけではないが、甘く感じさせることが目的ならそれで良い。 光の強さ… もっと読む »

ジャズと日本酒

Blue Note Tokyoでジャズピアニスト山中千尋さんのライブ。 ジャズについて語れる知識はそんなに無いけれど、大学の時に近所のJAZZレコードを扱っているお店でそこそこ収集していた。正統派というよりはちょっと捻く… もっと読む »

いつも心は0.87ぐらい

人生0か1で決断しなきゃいけないときは多々あるけれど、 いつも心は0.87ぐらいでいたいなと思っています。 別に0.68でも0.92でもいいのですが、0とか1って入る余地がないなと感じます。 こっち寄りこっち派、絶対こう… もっと読む »

デコッパチ

思春期にデコの広さをコンプレックスに感じていた僕。 小学生の時、小太りの女性教師に「誉くんデコ広いね(笑)」と授業中に指をさされたことを覚えている。 人と違うことに対して恥ずかしさを感じてしまった僕は、その日から前髪を伸… もっと読む »

ネコイズジャスティス

まずはじめに、僕は猫だけじゃなく犬も亀も鳥も昆虫も飼っていた過去がありどんな生き物も愛している。 猫としか共に過ごしたことのない人間のポジショントークではない。 猫に関しては可愛いとか好きとかそういうのではなく、僕の思想… もっと読む »

なんとか2001

深夜1時。 ちょっとのつもりが取り返しのつかないぐらい髪を切ってしまい後悔した高校時代。 翌朝の目覚めは最悪だった。 詳しい名前は忘れたが、「なんとか2001」というシャンプーを使うとすぐ伸びるからと勧められた記憶がある… もっと読む »