酒母造り3

J23 KIKUSUIの母親(酒母)の仕込みが完了です!酒母造りは約二週間かかりました。 この後は、発酵が順調に進むようにしっかり温度管理していきます。 美味しいお酒を造るために、蔵人達は勿論ですが、酵母菌も外の他の菌と… もっと読む »

酒母造り

蔵人が丹精込めた傑作-真っ白な麴です。 麴をタンクに入れます。 麴を入れ終えたら、素早く攪拌します。 酒母造りの水麴が完成です。 水麹とは、水と麴を混ぜ合わせたものです。 水麴を攪拌しながら、温度を測ります。

J23 KIKUSUIの母親(酛づくり)

酒造りの重要な工程は、一に麹、二に酛(酒母)、三に造りと言われています。 酒母(しゅぼ)とは、お酒を生む母親です。 今回はJ23 KIKUSUIを生み出すために、母親の素晴らしい話をご紹介いたします。 日本酒造りに重要な… もっと読む »

蔵人伊藤の思い

「お酒の味が変わったら、一番困るのはお客様です。」とは、プロジェクトリーダー伊藤の言葉です。 お米の出来具合によって、お酒の味わいも違ってきます。お米の出来に左右されず美味しいお酒を造り続ける蔵人伊藤をご紹介します。 Q… もっと読む »

製麹二日目・三日目

私の大好きなまんまる肉まん姿の蒸米が一晩経つと、固まりになっています。 蒸米の固まりをバラバラにほぐし、お米の温度を調整します。 蒸米をほぐした後、温度を調整しやすくするため、 一定量の蒸米を箱に小分けにして、布をかけま… もっと読む »

製麹一日目

放冷した蒸米を麹室に引き込んで、床の上に薄く広げます。 麹室とは、麴をつくる部屋のことです。 蒸米の温度を均一にするために、何回も蒸米をひっくり返したりします。 蒸米の温度と水分が均一になったら、床上に広げた蒸米に種麹を… もっと読む »

「菊水」の肌に菊水の花が咲く(製麹)

麹?麹?麹?こうじ? 麹とは一体何なのでしょうか? 気になる方がたくさんいるでしょう。 麹とは何か、また、麹はなぜ日本酒造りに使われているのか、 これからご説明しましょう。 簡単にいうと、麹とはカビの一種です。 日本酒造… もっと読む »

お風呂上がりの「菊水」にサウナの時間(蒸米)

洗米を終えた後、一晩置いてから、お米を蒸します。 ご飯を作るときは、お米を炊きますが、日本酒造りはお米を蒸します。 なぜ、お米を蒸すのかというと、お米の組織を崩して、麹の酵素の作用を受けやすくするためです。 お米を甑(こ… もっと読む »

酒米「菊水」にご褒美の温泉(浸漬)

浸漬とは、お米に水を吸わせるために、水に漬けることです。 これは、お米に適度な量の水を吸わせて、お米に弾力性があり外側が硬く内側が軟らかい(外硬内軟)の良い蒸米に仕上げるためです。 浸漬の時間はお米を洗う時点から計算して… もっと読む »

酒米「菊水」にご褒美のシャワー(洗米)

精米した後のお米の表面には糠などが付着しています。 お米の体に付いた糠などを徹底的に洗うために、洗米という作業をします。 ご飯を炊く時にお米を研ぐのと同じ作業をイメージする方も多いでしょう。 実は、それより随分難しく、繊… もっと読む »