誰かに会いに 街角マチコの”マチコラム” 第13回

誰かに会いに

梅雨入りしましたね。みなさん、いかがお過ごしですか?

私は3月から99%無くなっていた普段の仕事が通常通りできるようになり、毎日ウキウキしています。

5月末には、とあるシンガーソングライターの方のアルバムのレコーディングに呼んでいただきました。

テルミンの演奏をご自身の作品に入れたいなんて!なんて素晴らしい方なんでしょうか!

もちろん快諾させていただきました。

それが、自粛中に唯一人に会った仕事となりました。誰にも会えずに家で録音やら事務作業ばかりしていたので、誰かの作品に参加できるなんて、嬉しさが8割増しといっても全然大袈裟じゃない!

「はじめまして」のご挨拶はマスク着用でしたが、その後は録音のためブース内へ。

マスクをはずして、いつも通りにのびのびと演奏が出来たと思います。自分でも完成した音源を聴く日が楽しみです。

そして教室が始まり、生徒さん達と再会を喜び合いつつ近況を聴き、久しぶりに演奏を聴く。至福のひと時です。

 

ディスタンス・・・。

 

先日はずーっと延期になっていた取材がついに決行されました。

梅雨入り直前の、よく晴れた日。密にならず、木洩れ日の美しいロケーションで、ということで

午前中に井之頭公園集合で行われた取材の模様がこちら。

3者のディスタンスがすごいですねー!笑

 

 

でも、この後お昼ご飯をご一緒しました。

一緒にテーブルを囲んで、久しぶりに家族以外とのご飯、格別においしかったです。

 

渋谷のカルチャースクールも

そんな嬉しいことも増えて来ていますが、なかなか以前のようには戻れないのだなと、折々に感じます。

自分は何事もあまり心配しない方なので、教室の主催者としては、人とのズレも気になるような。。。

そして、昨日久しぶりに渋谷のカルチャースクールに行き、教室のドアを開けると、衝撃的な光景が待っていました。

私が座る電子ピアノの前と、生徒さんが立つテルミンの前にビニールシートが。。。

生徒さんのお顔が、もはやZOOMよりもボヤけている!

たぶんボーカルレッスンなどのために用意された備品なのでしょう。

刻一刻と変わっていく状況の中で、ちょうどいい距離感、ちょうどいい警戒のラインを探っていこうと思いました。

来月はどんな世の中になっているのでしょうね。

ある意味楽しみにいきたいと思います。

 

 

□ ANOTHER STORY

YOSUKE KERA

HOMARE YOSHIZAKI

Yutaka Yanabu

Yutaka Yanabu