hakko-bunka

発酵文化研究所(運営:株式会社Career Lab) 一冊の本との出会いをきっかけに、日本の伝統食文化である「発酵食品」の素晴らしさに目覚める。低体温で体調を崩すことの多かった生活から一変、平熱37℃前後の超健康体に。 自身の経験から、日本人の身体に合う伝統的な「発酵食品」を日々の食事に取り入れるだけで「美容と健康」を維持できると伝え残したく「手軽で簡単に続けられる」をコンセプトに活動中。 発酵マイスター、上級食育アドバイザー、薬膳アドバイザー

和洋使えて超多才な「酒粕」のこと

こんにちは。
発酵文化研究所です。

私は秋から冬にかけて、
特に日本酒が美味しいなぁと感じます。
などと言いながら、お花見での日本酒も最高です(*^-^*)


今回は、大好きな日本酒の副産物でもある、
酒粕について書かせていただきます。

◆酒粕の歴史

当然ですが、日本酒と同じだけの歴史を持ちます。

魏志倭人伝には3世紀頃、
日本では既に飲酒の習慣があったとみられますが、
米を原料とした酒に関しては、
大隈風土記(713年~)や播磨国風土記(716年頃)に記されています。

そんな、日本酒の副産物である酒粕も、
その頃から野菜や魚などの長期保存のために、
粕漬けとして用いられていたというのは驚きでした。

◆酒粕とは

誰もが知る日本酒を絞った後に残る副産物が酒粕です。
日本酒は搾り方も色々。
酒粕の仕上がりにも差が出ます。

1、ヤブタ式(自動圧搾機)

アコーディオン状の圧搾機の中に醪を入れて圧力をかけます。
できあがりの酒粕は平たく、
板のような形状で水分も少ないのが特徴。
板粕と呼ばれます。

2、槽搾り(ふなしぼり)

布袋に醪を入れて重ねて並べ、
袋の重みで搾った後に圧力をかけて絞ります。
板粕よりも、水分が多めの酒粕です。

3,袋吊り

醪をいれた酒袋から、自然に酒が滴るのを待つ方法。
圧力をかけないので、
酒粕に残るものも多く柔らかく濃厚なのが特徴です。

◆期待できる効果

1,ダイエット効果

酒粕には脂質やタンパク質の代謝に不可欠な、
ビタミンB群が豊富に含まれているので代謝を促進してくれます。

また、脂肪をキャッチして排泄してくれる、
レジスタントプロテインが含まれており、とても効果的といえます。

悪玉コレステロールが気になる方にもおすすめです。

2,腸内環境の正常化

不溶性食物繊維が100g中約5gも含まれており、
腸の蠕動運動を促してくれる効果が。

それにより、便が出やすくなる働きを持ちます。

また、腸内菌を増やすと言われているオリゴ糖も含まれているので、
腸内環境を改善する効果が期待できます。

3,美肌効果

腸内環境が整うことによる美肌効果はもちろんですが、
含まれる多くのビタミンやミネラル、
アミノ酸による美肌効果も期待できます。

よく知られるのは、コウジ酸・フェルラ酸による抗酸化作用や、
アルブミンによるメラニン生成抑制作用など。

これだけでも女性には嬉しい効果です。

4,旨味調味料効果

酒粕には、多くのアミノ酸が含まれます。

一般的な粕汁や粕漬けだけでなく、
手軽な調味料の一つとして隠し味に使うのもおすすめ。

旨味が増すだけでなく、
手軽に美容効果と健康効果をプラスできる最強の旨味調味料です。

◆おすすめ調理法と使用時の注意点

隠し味におすすめと書きましたが、
和食だけでなく洋食にもおすすめです。

私がいつも隠し味として入れるのは、
・トマト系のソースやスープ
・クリーム系のソースやスープ

粕汁のように、たっぷり入れるのではなく、
隠し味として旨味成分をプラスするイメージで入れてみてください。

毎日、粕汁は飽きてしまうかもしれませんが、
こうしてソースやスープにも取り入れられるとなると、
酒粕の効果を効率良く摂っていただけるのでおすすめです。

私は、「酒粕が良いのはわかっても、粕汁を毎日は・・・」
といったお客様の声から、
もっと身近にできないものかと商品やメニューを考えました。

その中で、トマト系やクリーム系に合うことに気づき、
粕汁や粕漬けだけでなく楽しめるようになり、
小さな子供たちにも受け入れてもらえました。

実際、アトピー性皮膚炎がひどかった甥っ子や姪っ子は、
約1ケ月の、こっそり酒粕料理によりキレイになりました。

これにはとても驚きましたが、
それ以外には、
何も変えていないので酒粕の効果だと信じています(*^-^*)

最後に、使用時の注意点です。
酒粕には多くのアルコールが残っています。
気になる方やお子様には、
加熱してアルコールをしっかり飛ばしてお召し上がりください。