名久井 咲

1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。 主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、web制作、映像制作による広告デザイン。オリジナルキャラクター「さくらいろのうさぎ」を始めとしたLINEタンプも販売中。  ◆ HP:https://nakuisaki.info 

「デジタルサイネージジャパン 2022」に行ってきました

こんにちは、名久井咲です。

2022年6月15日〜17日に幕張メッセで開催されていた「Interop Tokyo 2022」に行ってきました。

今回は特に、同時開催された「デジタルサイネージジャパン」についてレポートしたいと思います。

 

「デジタルサイネージジャパン」とは

「デジタルサイネージジャパン」とは、街中のメディアとして多様な役割を果たす「デジタルサイネージ」にフォーカスし、最新技術とその活用法についての展示が行われます。

注目したコンテンツ


↑こちらはトンネルみたいになっていて、人の入れるサイズにしたら楽しそうなLEDでした。


↑こちらは同時開催されていた「Interop Tokyo」のブースですが、こういった展示会のブースにも角を使ったサイネージがアイキャッチとして使われていました。


↑こちらは透過型無機ELディスプレイです。ここまできれいな透明に、そして薄くなっていました。
こちらの価格が下がり量産されるようになれば、ショーウィンドウなどはこちらになるのでは?という良さがあると思います。

ディスプレイ裏もしっかり見え、映像も普通のディスプレイと変わらず、それも高解像度で見れるので、使い勝手はとても良いです。

4Kが当たり前に

今までインタラクティブコンテンツなどに使われていたセンサー類も、従来よりも手軽にできるものも開発されており、解像度に関しては4Kが当たり前になってきていました。

今まで問題だった長尺のHDMIケーブルや、 TVなどで使われている生中継のタイムラグの問題など、着実に課題解決がされているのを感じました。

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するデザイナー、クリエイター。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作など。
オリジナルキャラクターのLINEタンプやグッズも販売。

プロジェクションマッピング : https://nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://store.line.me/stickershop/author/1662
オリジナルグッズ: https://nakuisaki.booth.pm
=======================